ふるさと納税による寄附金税額控除の計算について(28年度から)

 ふるさと納税に係る寄附金税額控除を受けるには、確定申告または、申告特例申請をしていただく必要があります。申告特例申請(ワンストップ特例制度)をご利用の場合は、下記より利用条件や手続き等についてご確認ください。

関連情報

 

所得税からの控除額

 A(寄附金の合計額-2,000円)×(所得税の限界税率0~45%×102.1%*)

 *102.1%の加算は復興特別所得税を含むためです。

 (注)上記計算における控除額は、総所得額の40%が上限になります。

 

住民税からの控除額

 B(寄附金の合計額-2,000円)×10%

 C(寄附金の合計額-2,000円)×{(90%-(所得税の限界税率0~45%×102.1%)}

 B+Cの合計額が住民税からの控除額となります。

(注1)Cの計算における控除額は、住民税の所得割額の20%が上限になります。

(注2)寄附金の合計額として用いられるのは、総所得額の30%が上限になります。

(注3)ワンストップ特例制度をご利用される場合は、A(所得税からの控除額)に該当する部分も住民税から控除されることになります。

 

 下記の計算ツールは、ふるさと納税による税金の控除額の目安としてご利用ください。

 なお、ご利用に関しては、個人住民税の税額決定通知書と源泉徴収票または、所得税の確定申告書をご用意ください。


リンク
ダウンロード

関連リンク
この情報のお問い合わせ先
財務部 市民税課
電話:(097)537-5729 , 537-5730  FAX:(097)537-7876

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?