「大分市水道事業基本計画~大分市水道事業ビジョン~」を策定しました

 近年の水道事業を取り巻く環境は、人口減少社会へ移行するなかで、節水意識の定着や節水機器の普及、大口需要者の地下水転換などにより、給水量の減少が現実のものとなっており、今後の水道料金収入への影響や施設の使用効率の低下など多くの課題が見込まれています。
 また、平成23年に発生した東日本大震災での水道施設への甚大な被害など、こうした大災害の経験を踏まえ、近い将来に発生することが予測される東南海・南海地震などに備えた施設および体制の整備が求められています。
 このような状況から、国においても来るべき時代に求められる課題に挑戦するため、平成25年に新水道ビジョンを策定しており、本市においても、新水道ビジョンの趣旨に沿った、今後10年間の長期的な事業の方向性を定める新たな「大分市水道事業基本計画~大分市水道事業ビジョン~」を策定しました。
 

○計画期間 平成27年度から平成36年度

○基本理念 「未来へ!安心を引き継ぐしなやかな大分の水道」

○主な取組

 1 安全な水道水の供給

 2 危機管理への対応の徹底

 3 水道サービスの持続性の確保     

 


ダウンロード
この情報のお問い合わせ先
水道局管理部 経営管理課
電話:(097)538-2404  FAX:(097)535-1241

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?