鶴崎公民館、佐賀関公民館、野津原公民館の館長を募集します

◎対象館
  鶴崎公民館、佐賀関公民館、野津原公民館

◎対象
  社会教育の推進と生涯学習の振興、市民協働によるまちづくりに、識見と情熱をもって取り組む意欲のある人。

◎応募資格
(1)社会教育の推進と生涯学習の振興並びに市民協働によるまちづくりの推進に関し、識見を有し、情熱を持って取り組む意欲のある人
(2)心身ともに健全であること
(3)次のいずれかに該当する人は、応募できません。
 (ア)成年被後見人または被保佐人
 (イ)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの人
 (ウ)大分市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
 (エ)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した人
 

◎応募方法
・申込書などの交付場所  市民協働推進課、各地区公民館、各支所(市ホームページからもダウンロードできます)
・提出書類  平成30年度採用大分市地区公民館長選考試験申込書(その1 その2)(A4 2枚)(市交付のもの)
・申込先  大分市 市民部 市民協働推進課 自治担当班(大分市役所 本庁舎2階)
 郵便番号870-8504 大分市荷揚町2番31号

 選考試験申込書を封筒に入れ「地区公民館長応募」と朱書し、直接持参または郵送してください。

・受付期間  平成29年11月15日(水)から11月28日(火)(必着)

        ※郵送の場合は11月28日付消印のあるものまで有効

◎選考方法
○第一次試験(筆記試験・論文)
日時:平成29年12月16日(土)午前9時~正午
場所:大分東部公民館
申込者へ案内の通知を郵送します。

(1)筆記試験
・まちづくり、社会教育、人権教育に関すること

(2)論文
・テーマ:「ひとづくり、まちづくりの拠点としての地区公民館のあり方について」 (1200字以内)
(下書き等資料持ち込み禁止)

 試験結果は、受験者全員に通知します。

○第二次試験(個別面接)
 第一次試験合格者のみ実施
 第一次試験合格者へ案内の通知を郵送します。
 試験結果は、第二次試験受験者全員に通知します。

◎身分および勤務条件
○任期
 平成30年4月から平成31年3月までの12カ月とする。(1年更新で勤務成績が良好な場合にあっては、5年を限度に更新することができる。)
○身分
 特別職の職員で非常勤嘱託職員
○報酬
 月額 204,000円
○勤務時間、勤務日数
 午前8時30分~午後4時45分または午前9時~午後5時15分
 1月あたり1日勤務16日および半日勤務2日の18日(土・日勤務あり)
○交通費
 支給しません
○夏季手当・冬季手当
 なし
○年次有給休暇
 1年目 10日、2年目 11日、3年目 12日、4年目 13日、5年目 14日

◎保険
 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)、厚生年金保険、雇用保険など社会保険に加入します。

◎その他

・提出書類に虚偽があった場合は、合格を取り消すことがあります。
・この試験において提出された書類は一切お返ししません。

◎問合せ先
 大分市 市民部 市民協働推進課 自治担当班
 〒870-8504 大分市荷揚町2番31号(本庁舎2階)
 電話 097-537-5612


ダウンロード


この情報のお問い合わせ先
市民部 市民協働推進課
電話:(097)537-5612  FAX:(097)536-4605

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?