住宅用火災警報器は維持・管理が大切です

 住宅用火災警報器は平成18年6月1日から全ての住宅に設置が義務付けられました。
 まだ設置していないご家庭は早急に設置をお願いします。
 さて、この住宅用火災警報器ですが、すでに設置されているご家庭では今後、維持・管理が大切になってきます。「いざ」という時に住宅用火災警報器がきちんと作動するように以下の点に注意してください。

 

PRビデオはこちら → PRビデオ

  定期的に作動確認をしましょう

1年に1回程度、点検ボタンを押すなどして作動確認を行いましょう。
作動確認の方法は機種やメーカーによって異なりますので取扱説明書などで確認してください。

  定期的にお手入れをしましょう

ほこりやクモの巣が付くと火災を感知しにくくなります。
また、住宅用火災警報器は、ほこりが入ると誤作動を起こす場合があります。
定期的にお掃除をしましょう。

  電池切れに注意しましょう

ほとんどの機種は電池が切れそうになると音や光で知らせてくれます。
警報音が鳴った時は電池の交換をしましょう。
警報音が鳴った時の対処方法は取扱説明書や以下のページで確認してください。

警報音が鳴った時の対処方法

  本体を交換しましょう

 設置して10年以上が経過している住宅用火災警報器は、内部の電子部品の劣化が進んでいるおそれがあるため、本体の交換をお奨めします。
交換時期を音や光で知らせてくれる機種もありますので、取扱説明書を確認してください。また、交換時期が表示されている警報器は、期限までに交換しましょう。

  廃棄方法について

交換などで住宅用火災警報器を捨てる時は本体と電池を別々にして捨てましょう。
本体は「燃やせないごみ」として、電池は「蛍光管等」の収集日に廃棄してください。

 


この情報のお問い合わせ先
消防局 予防課
電話:(097)532-3199  FAX:(097)532-7018

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?