28年春季大分市火災予防運動

期間 3月1日(火)から3月7日(月)

全国統一防火標語

『無防備な 心に火災が かくれんぼ』

 火災予防運動実施中

 ※火災予防運動は、市民の皆様に防火に対する意識を一層高めていただき、火災の発生を防止することにより、尊い生命や貴重な財産の損失を防ぐことを目的としています。

 

火災予防運動に伴う主な行事

 

◎一日消防局長

・日 時   3月1日(火) 午前9時10分~正午

・場 所   パークプレイス大分

・参加者       大分のローカルヒーロー 『 パワーシティオーイタ 』

 一日消防官

◎防災講演会

・日 時   3月4日(金) 午後1時30分から3時

・場 所   コンパルホール 1階 文化ホール

・講 師   長谷川 祐子(元在日米海軍消防隊予防課長、リスクウォッチ代表)

・演 題   『 かしこく つよい子どもに育てよう 』
        ~今までになかった防火防災教育を子どもたちに~

防災講演会

◎防火査察

◎総合防災訓練

◎各種訓練

・各事業所等で訓練が予定されています。

総合防災訓練  防火査察

 

『住宅防火 いのちを守る 7つのポイント』

(3つの習慣)

・寝たばこは、絶対やめる。

・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

(4つの対策)

・逃げ遅れを防ぐために、※住宅用火災警報器を設置する。

・寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。
 

7つのポイント

   ※住宅用火災警報器の設置が義務化されてから9年が経過しました。「いざ」というときに住宅用火災警報器がきちんと働くよう、お手入れをしましょう

〇1年に1回はお掃除をしましょう。
 住宅用火災警報器はホコリやクモの巣が付くと火災の煙を感知しにくくなります。
 お掃除の方法は機種によって違いますので、取扱説明書をご確認してください。

 住宅用火災警報器

〇最低限、1年に1回は作動点検をしましょう。
 点検方法はひも式とボタン式があり、機種によって異なります。
 点検をして音が鳴らなかった場合、または火災ではないのに音が鳴った場合は、電池切れや機器本体の故障が考えられます。取扱説明書を確認し、電池切れであれば電池を、故障であれば本体を交換しましょう。

  電池切れと判明した住宅用火災警報器が、設置から10年経過している場合は、内部の電子機器の劣化が進んでいるおそれがあるため、本体の交換をお奨めします。

 詳しくは → 住宅用火災警報器Q&A(総務省消防庁)


この情報のお問い合わせ先
消防局 予防課
電話:(097)532-3199  FAX:(097)532-7018

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?