犬の保護収容情報(大分市内)についてお知らせします

・このページには、大分市内で保護収容され大分市小野鶴にある大分県動物管理所に抑留中の犬についての情報を掲載しています。

・保護収容日を除く3日間の抑留期間中に犬の飼い主や飼養者から申し出のない場合は、「狂犬病予防法」第6条の規定に基づき処分となってしまうことがありますので、掲載されている犬にお心当たりのある飼い主や飼養者の方は、早急に  大分市保健所 衛生課  にお問い合わせください。

なお、保護収容されてからホームページ公開までに時間がかかることがあります。また、一般のご家庭で保護していただいている場合もありますので、最新情報については電話でお問い合わせください。

 

***探しています***

収容日

保護した

場所

種類

推定年齢

毛色

性別

体格

特徴・写真

平成28

928

野津原(今市)

雑種(ハウンド系)

79

茶黒

オス

  

首輪:青色、革製、ペティオ   リード:なし

平成28

917

桃園団地

G.レトリバー

68

メス

  

首輪:赤色、革製   リード:なし

愛護動物の遺棄は犯罪です。

愛護動物を遺棄した者には100万円以下の罰金が課せられます。

(「動物の愛護及び管理に関する法律」第44条第3項、第4項)

                                                         

 

※保護収容犬の種類・年齢等は推定で記載していますので、一致しない場合があります。

   問合せ先:大分市保健所 衛生課 動物愛護担当班  

大分市荷揚町6番1号

電話 (097)536-2567(直通) ファクス (097)532-3490

E-mail   eisei2@city.oita.oita.jp

業務時間 平日 午前8時30分~午後5時15分

 

  大分県動物管理所  

大分市小野鶴字赤岩1697番地

電話・ファクス (097)542-4546(ただし、この連絡先は、大分市内で保護収容された犬が対象です。)

業務時間 平日 午前9時~正午・午後1時~4時

大分県動物管理所の地図は、下記関連リンク「犬猫が行方不明になってしまったら」を参照してください。

 

***お家がみつかりました***

収容日  

保護した場所

種類

年齢

毛色

性別

体格

特徴・写真

 

平成28

929

梅ヶ丘

シーズー

9

白茶

オス

930日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いて網戸を開け、逃走してしまったそうです。

網戸にする場合は、内側にベビーゲートを設置するなどの逸走防止対策をお願いします。

また、このわんちゃんには狂犬病予防注射済票が装着されていたため、早期返還となりました。

このように、鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

928

松が丘

6

茶白

オス

929日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いて逃走してしまったそうです。

再発防止の対策をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

920

田中

ビーグル

2

白茶黒

オス

920日 飼い主さんのお迎えがありました。

ハーネスが外されたため、逃走してしまったそうです。

他人が容易に敷地内で犬に触れることができないよう、扉に鍵付きの逸走防止柵の中で飼養管理するようお願いします。

平成28

916

都町

マルチーズ

15

メス

916日 飼い主さんのお迎えがありました。

お客さんが帰る時、玄関を開けた際に出てしまったそうです。

来客を見送る時は、クレートやケージに入れる、または玄関の内側に逸走防止柵を設け、容易に逃走できないようにするなどの具体的な対策をとるようお願いします。

高齢犬の逸走は、交通事故に遭う可能性が高く、非常に危険を伴います。また、逸走中に人を咬むなど咬傷事故にもつながりかねません。再発のないよう十分な対策をしましょう。

加えて、犬の逸走に気付いたら、すぐに保健所に電話で不明届けをしてください。

平成28

915

明野

雑種

11

茶白

オス

915日 飼い主さんのお迎えがありました。

柵で囲われた庭に出していたところ、逃走してしまったそうです。

今後は庭に出す際は、必ず係留するとのことでした。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

915

高江

3

茶白

オス

915日 飼い主さんのお迎えがありました。

逸走防止柵を移動したままにしていたため、逃走してしまったそうです。

人が出入りする時は、柵の周辺に犬がいないか確認し、柵を元の位置に戻すよう十分注意してください。

また、室内飼養であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

95

中戸次

雑種

9

メス

96日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いた際、首輪が抜け逃走してしまったそうです。

首輪の適切なサイズは、首と首輪の間に指二本(人差し指と中指)が入る程度です。

首輪のサイズの見直しをお願いします。

また、敷地の周囲に逸走防止柵を設置し、二重の逸走防止対策をお願いします。

雷雨が予想される日や花火大会の日などは、事前にしっかり係留されているか確認したり、犬を屋内に移動しなるべく音を聞かせないようにするなどの対策をお願いします。

平成28

91

羽屋

パピヨン

12

白茶黒

メス

91日 飼い主さんのお迎えがありました。

網戸を開けて、逃走してしまったそうです。

わんちゃんが容易に網戸を開けられない対策をお願いします。

また、室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう

平成28

830

雑種(柴系)

8

茶白

オス

831日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留ロープがはずれたため、逃走してしまったそうです。

係留は、係留専用のリードや鎖で確実に行ってください。

リードや首輪といった犬の身に付けるものについては、耐久性があり、犬の体格や体重にあったものを購入してください。また、これらに不具合がないかどうか毎日点検するよう習慣づけ、定期的に交換しましょう。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

819

松が丘

雑種

12

メス

819日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭のサークル内に入れていたところ、突然の雷鳴に驚いて逃走してしまったそうです。

今後は、庭から逃走できないように扉の施錠を確実にするとのことでした。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

816

毛井

雑種

12

茶黒

メス

816日 飼い主さんのお迎えがありました。

事務所の扉が開いていたため、逃走してしまったそうです。

万が一に備え、戸の内側に逸走防止柵を設置するようお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

815

上野丘

マルチーズ

18

オス

815日 飼い主さんのお迎えがありました。

家の玄関が開いていたため逃走してしまったようです。今後は家の中のサークルで飼養するとの事でした。室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着し飼い主明示をしましょう。加えて、犬の逸走に気付いたら、すぐに保健所に電話で不明届けをしてください。

平成28

815

判田台

雑種

14

メス

815日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭の柵内に放していたところ、裏の扉があいていたので逃走したのではないかとのことです。犬は、時に思いがけない行動をする事もあり、油断すると逃走してしまいます。普段から施錠や首輪やリードの確認を行う習慣をつけ、二重三重の逸走防止対策を行ってください。特に高齢犬は、迷子になると危険です。必ず鑑札と注射済票、迷子札を装着し飼い主明示を行ってください。

平成28

88

横田

6

メス

89日 飼い主さんのお迎えがありました。

犬小屋横の水道の蛇口にリードを引っかけていたら外れ、逃走してしまったそうです。

係留は確実に行いましょう。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

88

宗方台

M.ダックス

12

オス

88日 飼い主さんのお迎えがありました。

来客を送り出すときに、人の足の間に紛れて玄関から出てしまったようです。今後は、玄関に通じる廊下には出さないようにするとの事です。高齢犬は目や耳が弱くなり、交通事故や落下事故に遭う確率が高くなるので放浪すると大変危険です。逸走しないよう十分注意しましょう。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

88

明野北

ラブラドール・レトリバー

14

オス

88日 飼い主さんのお迎えがありました。

逸走防止柵の中で管理していたそうですが、柵の出入り口の扉が開いていたため、逃走してしまったそうです。

扉の開閉と施錠には十分に注意し、確実に行いましょう。

また、首輪に犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

加えて愛犬がいなくなったことに気が付いたらすぐに大分市保健所に電話で届出をしてください。

平成28

83

神崎

パピヨン

9

白黒

メス

84日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭に係留していたところ、リードが外れて逃走してしまったそうです。

係留には、散歩用リードでなく係留用リードを用いてください。

また、万が一に備え、敷地の周囲を柵で囲うなど二重の逸走防止対策をお願いします。

加えて、首輪に犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

83

松が丘

M.ダックス

12

茶色

メス

84日 飼い主さんのお迎えがありました。

飼い主が犬を連れて訪問したところ、開いていた窓から逃走してしまったそうです。

外出先であっても、愛犬の管理は飼い主さんが責任をもって行いましょう。

夏場は、窓や扉の閉め忘れで室内犬の逃走が増えます。

飼い主さんは、愛犬が熱中症にならないよう十分注意したうえで、逸走が起こらないよう対策をしてください。

加えて、室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

81

常行

雑種

10

クリーム

メス

 

81日 飼い主さんのお迎えがありました。

リードが切れたため、逃走してしまったそうです。

係留用リードのナスカン付近に不具合がないか、毎日散歩の前後に点検するようにし、不具合が見つかったら早急にリードの交換をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

81

下八幡

雑種(柴系)

13

茶白

メス

81日 飼い主さんのお迎えがありました。

飼養施設の倉庫の扉が少し開いていて、隙間から逃走してしまったようです。今後は、倉庫内でもリードを放さないようにするそうです。高齢犬は目や耳が弱くなり、交通事故や落下事故に遭う確率が高くなるので放浪すると大変危険です。二重三重に注意しましょう。また、首輪には鑑札と注射済票を装着し、所有者明示しましょう。

平成28

717

光吉新町

ラブラドール・レトリバー

13

クリーム

オス

721日 飼い主さんのお迎えがありました。

首輪が抜けたため、逃走してしまったそうです。

高齢になると、体重が落ち、首が細くなるので、首輪のサイズ調節が必要になってきます。

首輪の適切なサイズは、首と首輪の間に指二本(人差し指と中指)が入る程度です。

首輪のサイズの見直しをお願いします。

また、敷地の周囲に逸走防止柵を設置し、二重の逸走防止対策をお願いします。

加えて、犬がいなくなったらすぐに大分市保健所に届出をしてください。

平成28

720

花高松

12

メス

720日 飼い主さんのお迎えがありました。

家の周囲を囲むフェンスを乗り越えて逃走したようです。フェンスは縦棒だけの物を使用し、足場になる荷物等は片づけてください。高齢犬は目や耳が弱くなり、交通事故や落下事故に遭う確率が高くなるので放浪すると大変危険です。このワンちゃんは、首輪に鑑札がついていたため早期返還となりました。鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

717

羽田

雑種(W・コーギー系)

6

白茶

オス

720日 飼い主さんのお迎えがありました。

他人が侵入して犬を放した可能性があるとの事です。今後は、敷地の奥の方に犬を係留するようにするとの事です。

人懐こい犬は人が来ても吠えません。少し大きめの砂利を敷くと、人が歩くと音がするので、防犯対策にもなり一石二鳥です。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

712

口戸

14

茶白

メス

713日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩から帰ってきて小屋に入れようとしたところ、雷に驚いて逃走してしまったそうです。

最後まで確実にリードで係留し、逃走しないようにするとのことでした。

また、万が一に備え小屋の周囲を柵で囲うなど二重の対策をお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

75

大志生木

6

オス

75日 飼い主さんのお迎えがありました。

逸走防止柵で囲ったスペースに出していたところ、逃走してしまったそうです。

逃走経路になるような隙間がないか、柵の高さは十分かなど再度確認をし、不具合があれば改善をお願いします。

また、万が一に備え、庭に出す際は係留し、二重の対策をお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

74

横瀬

雑種

14

茶白黒

オス

75日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用のリードが切れてしまったそうです。

新しいリードの購入をお願いします。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか、十分な耐久性があるのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

平成28

630

明野北

雑種

17

オス

71日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用のワイヤーリードが切れたため、逃走してしまったそうです。ワイヤーリードは軽く、高齢の犬の体に負担がかかりにくいという長所がありますが、一方で切れやすいといった短所もあります。リードを噛んだり擦れたりしなければ、太い綱タイプのリードのほうが切れにくいです。状況をよく考えてリードを選んで下さい。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

629

田尻

雑種

14

白茶

オス

629日 飼い主さんのお迎えがありました。

リードが切れたために逃走してしまったそうです。新しいリードの購入をお願いします。リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか、十分な耐久性があるのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。加えて、鑑札と狂犬病予防注射済票は必ず愛犬に装着し、所有者明示をしてください。

平成28

628

古国府

4

オス

628日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いて逃げてしまったようです。今後はリードで繋いで逃げないように注意するとの事でした。

さらに、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

627

横尾

5

オス

627日 飼い主さんのお迎えがありました。

花火の音に驚いて、ロープを噛みちぎって逃走してしまったようです。新しいリードに交換し、今後、花火の時は屋内で管理するようにするとの事でした。

加えて、鑑札と狂犬病予防注射済票は必ず愛犬に装着し、所有者明示をしてください。

平成28

620

大道四丁目

M.ダックス

13

黒茶

メス

622日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭に出していたところ、雷に驚いて逃走してしまったそうです。

今後の対策として、庭に出す際はリードでつなぐようにするとのことでした。

加えて、再発防止のため、庭に逸走防止柵の設置や隠れるためのスペースを用意するなどの対策をお願いします。

室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

620

佐賀関

ラブラドール・レトリバー

10

メス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

柵で囲ったスペースに放していたところ、逃走してしまったそうです。

柵の高さの見直しや、逸走経路になりそうな隙間を塞ぐなどの対応をお願いします。

また、万が一に備え、庭に出す際は係留するようお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

620

三川

雑種

14

茶白

メス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

目を離したすきに、玄関から逃走してしまったそうです。

再発防止のため、今後はリードで係留するとのことでした。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

619

田尻

雑種

17

白茶

オス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

飼い主の留守中に犬を預かっていた方が、入口を開けたときに、逃げてしまったそうです。

万が一に備え、リードでの係留や逸走防止柵の設置をお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

615

庄の原

17

白クリーム

オス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用のワイヤーリードが切れたため、逃走してしまったそうです。

新しいリードに交換してください。

ワイヤーリードは軽く、高齢の犬の体に負担がかかりにくいという長所がありますが、一方でチェーンリードに比べて切れやすいといった短所もあります。

ワイヤーリードを利用する際は、毎日の点検と定期的な交換をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

620

松岡

ラブラドール・レトリーバー

10

オス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いた際、布製リードが切れたため、逃走してしまったそうです。

万が一の場合に備え、係留は鎖のリードで行いましょう。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか、十分な耐久性があるのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

平成28

620

坂ノ市南

G・レトリーバー

5

メス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いてウッドデッキの隙間から逃走してしまったそうです。

早急に隙間を埋めてください。

雷雨が予想される日や花火大会の日などは、事前にしっかり係留されているか確認したり、犬を屋内に移動しなるべく音を聞かせないようにするなどの対策をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

617

中島

チワワ

3

白茶

オス

617日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭の勝手口の扉が開いていたため、逃走してしまったそうです。

扉の施錠は確実に行いましょう。

また、勝手口の扉の前に逸走防止柵を設置するなど、二重の対策の検討をお願いします。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

615

弁天

ゴールデン・レトリバー

9

オス

616日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留中、首輪が切れたため逃走してしまったそうです。

新しい首輪を購入してください。

リードや首輪といった犬の身に付けるものについては、耐久性があり、犬の体格や体重にあったものを購入してください。また、これらに不具合がないかどうか毎日点検するよう習慣づけ、定期的に交換しましょう。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

614

東院

雑種

12

白クリーム

オス

616日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩中にリードを放してしまったそうです。

散歩中は係留用リードをしっかり保持し、犬を制御できる方が責任をもって行いましょう。

また、散歩用リードは犬の体格、体重に合ったものを利用してください。不適切なリードの使用は、わんちゃんの制御がしにくい原因になります。

また、犬がいなくなったらすぐに大分市保健所に届出をしてください。

平成28

69

猪野

スピッツ

11

白黒茶

オス

610日 飼い主さんのお迎えがありました。

リードが切れたため、逃走してしまったそうです。

新しいリードの購入をお願いします。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

平成28

69

畑中

ビーグル

5

白黒茶

メス

69日 飼い主さんのお迎えがありました。

鎖がはずれたため、逃走してしまったそうです。

係留は確実に行いましょう。

また、首輪には首輪には必ず犬鑑札と注射済票を装着し、飼い主明示を行ってください。

平成28

68

高江

T・プードル

6

オス

69日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関が開いていたため、逃走してしまったそうです。

戸の開閉や施錠の際は、十分に注意し確実に行いましょう。

加えて、玄関の内側にベビーゲートを利用した逸走防止柵を設置する、戸締りを確実に行うといった対策をお願いします。

平成28

66

要町

2

オス

66日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留していたチェーンリードが壊れたため逃走してしまったようです。まだ若く元気のいい犬は、日々の係留用器具にも負担がかかります。万が一のことを考えて、周囲に柵を設置するなど、二重三重の逸走防止対策をお願いします。このわんちゃんには、鑑札が装着されていたため、早期返還となりました。このように、鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

62

判田

T.プードル

8

オス

63日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関に繋いでいたところ、リードが解けたため、逃走してしまったそうです。

係留には係留用リードを用い、確実に行いましょう。

また、首輪には首輪には必ず犬鑑札と注射済票を装着し、飼い主明示を行ってください。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながります。

 

 


関連情報
リンク
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
電話:(097)536-2567  FAX:(097)532-3490

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?