犬の保護収容情報(大分市内)についてお知らせします

・このページには、大分市内で保護収容され大分市小野鶴にある大分県動物管理所に抑留中の犬についての情報を掲載しています。

・保護収容日を除く3日間の抑留期間中に犬の飼い主や飼養者から申し出のない場合は、「狂犬病予防法」第6条の規定に基づき処分となってしまうことがありますので、掲載されている犬にお心当たりのある飼い主や飼養者の方は、早急に  大分市保健所 衛生課  にお問い合わせください。

なお、保護収容されてからホームページ公開までに時間がかかることがあります。また、一般のご家庭で保護していただいている場合もありますので、最新情報については電話でお問い合わせください。

 

***探しています***

収容日

保護した

場所

種類

推定年齢

毛色

性別

体格

特徴・写真

平成28

627

吉野

24

白茶

オス

  

首輪:銀色、ノミ取り首輪   リード:なし

平成28

627

田尻

雑種

79

白茶

オス

  

首輪:青色、革製  リード:チェーンリード(途中で切れている)

平成28

627

大石町

雑種

57

白黒茶

オス

  

首輪:黒色、革製(ハートの模様付)   リード:なし

平成28

624

古国府

58

オス

  

首輪:なし   リード:なし

~平成28

617

森町

雑種

35

 

オス

  

首輪:黒色、革製、ドギーマン   リード:なし

平成28

62

高城南

雑種

23

茶黒白

メス

  

首輪:チェーン、ピンク色のカバーチューブ付き

一般譲渡が可能です。新しい飼い主さんを募集します。

人によく慣れており、アイコンタクトがとれます。

愛護動物の遺棄は犯罪です。

愛護動物を遺棄した者には100万円以下の罰金が課せられます。

(「動物の愛護及び管理に関する法律」第44条第3項、第4項)

                                                         

 

※保護収容犬の種類・年齢等は推定で記載していますので、一致しない場合があります。

   問合せ先:大分市保健所 衛生課 動物愛護担当班  

大分市荷揚町6番1号

電話 (097)536-2567(直通) ファクス (097)532-3490

E-mail   eisei2@city.oita.oita.jp

業務時間 平日 午前8時30分~午後5時15分

 

  大分県動物管理所  

大分市小野鶴字赤岩1697番地

電話・ファクス (097)542-4546(ただし、この連絡先は、大分市内で保護収容された犬が対象です。)

業務時間 平日 午前9時~正午・午後1時~4時

大分県動物管理所の地図は、下記関連リンク「犬猫が行方不明になってしまったら」を参照してください。

 

***お家がみつかりました***

収容日  

保護した場所

種類

年齢

毛色

性別

体格

特徴・写真

 

平成28627

横尾

5

オス

627日 飼い主さんのお迎えがありました。

花火の音に驚いて、ロープを噛みちぎって逃走してしまったようです。新しいリードに交換し、今後、花火の時は屋内で管理するようにするとの事でした。

加えて、鑑札と狂犬病予防注射済票は必ず愛犬に装着し、所有者明示をしてください。

平成28

620

大道四丁目

M.ダックス

13

黒茶

メス

622日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭に出していたところ、雷に驚いて逃走してしまったそうです。

今後の対策として、庭に出す際はリードでつなぐようにするとのことでした。

加えて、再発防止のため、庭に逸走防止柵の設置や隠れるためのスペースを用意するなどの対策をお願いします。

室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

620

佐賀関

ラブラドール・レトリバー

10

メス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

柵で囲ったスペースに放していたところ、逃走してしまったそうです。

柵の高さの見直しや、逸走経路になりそうな隙間を塞ぐなどの対応をお願いします。

また、万が一に備え、庭に出す際は係留するようお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

620

三川

雑種

14

茶白

メス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

目を離したすきに、玄関から逃走してしまったそうです。

再発防止のため、今後はリードで係留するとのことでした。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

619

田尻

雑種

17

白茶

オス

621日 飼い主さんのお迎えがありました。

飼い主の留守中に犬を預かっていた方が、入口を開けたときに、逃げてしまったそうです。

万が一に備え、リードでの係留や逸走防止柵の設置をお願いします。

加えて、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

615

庄の原

17

白クリーム

オス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用のワイヤーリードが切れたため、逃走してしまったそうです。

新しいリードに交換してください。

ワイヤーリードは軽く、高齢の犬の体に負担がかかりにくいという長所がありますが、一方でチェーンリードに比べて切れやすいといった短所もあります。

ワイヤーリードを利用する際は、毎日の点検と定期的な交換をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

620

松岡

ラブラドール・レトリーバー

10

オス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いた際、布製リードが切れたため、逃走してしまったそうです。

万が一の場合に備え、係留は鎖のリードで行いましょう。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか、十分な耐久性があるのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

平成28

620

坂ノ市南

G・レトリーバー

5

メス

620日 飼い主さんのお迎えがありました。

雷に驚いてウッドデッキの隙間から逃走してしまったそうです。

早急に隙間を埋めてください。

雷雨が予想される日や花火大会の日などは、事前にしっかり係留されているか確認したり、犬を屋内に移動しなるべく音を聞かせないようにするなどの対策をお願いします。

また、首輪には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札を装着し、飼い主明示を行いましょう。

平成28

617

中島

チワワ

3

白茶

オス

617日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭の勝手口の扉が開いていたため、逃走してしまったそうです。

扉の施錠は確実に行いましょう。

また、勝手口の扉の前に逸走防止柵を設置するなど、二重の対策の検討をお願いします。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

615

弁天

ゴールデン・レトリバー

9

オス

616日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留中、首輪が切れたため逃走してしまったそうです。

新しい首輪を購入してください。

リードや首輪といった犬の身に付けるものについては、耐久性があり、犬の体格や体重にあったものを購入してください。また、これらに不具合がないかどうか毎日点検するよう習慣づけ、定期的に交換しましょう。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

614

東院

雑種

12

白クリーム

オス

616日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩中にリードを放してしまったそうです。

散歩中は係留用リードをしっかり保持し、犬を制御できる方が責任をもって行いましょう。

また、散歩用リードは犬の体格、体重に合ったものを利用してください。不適切なリードの使用は、わんちゃんの制御がしにくい原因になります。

また、犬がいなくなったらすぐに大分市保健所に届出をしてください。

平成28

69

猪野

スピッツ

11

白黒茶

オス

610日 飼い主さんのお迎えがありました。

リードが切れたため、逃走してしまったそうです。

新しいリードの購入をお願いします。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

平成28

69

畑中

ビーグル

5

白黒茶

メス

69日 飼い主さんのお迎えがありました。

鎖がはずれたため、逃走してしまったそうです。

係留は確実に行いましょう。

また、首輪には首輪には必ず犬鑑札と注射済票を装着し、飼い主明示を行ってください。

平成28

68

高江

T・プードル

6

オス

69日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関が開いていたため、逃走してしまったそうです。

戸の開閉や施錠の際は、十分に注意し確実に行いましょう。

加えて、玄関の内側にベビーゲートを利用した逸走防止柵を設置する、戸締りを確実に行うといった対策をお願いします。

平成28

66

要町

2

オス

66日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留していたチェーンリードが壊れたため逃走してしまったようです。まだ若く元気のいい犬は、日々の係留用器具にも負担がかかります。万が一のことを考えて、周囲に柵を設置するなど、二重三重の逸走防止対策をお願いします。このわんちゃんには、鑑札が装着されていたため、早期返還となりました。このように、鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので、必ず犬に装着しましょう。

平成28

62

判田

T.プードル

8

オス

63日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関に繋いでいたところ、リードが解けたため、逃走してしまったそうです。

係留には係留用リードを用い、確実に行いましょう。

また、首輪には首輪には必ず犬鑑札と注射済票を装着し、飼い主明示を行ってください。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながります。

平成28

530

白木

3

オス

 

531日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩中に子供がリードを放したそうです。

子どものみで犬の散歩を行うと、逃走や咬傷事故など万が一の事故に対応できません。散歩は犬を制御できる方が、責任をもって行いましょう。

また、散歩用リードは犬の体格、体重に合ったものを利用してください。不適切なリードの使用は、わんちゃんの制御がしにくい原因になります。

また、犬がいなくなったらすぐに大分市保健所に届出をしてください。

平成28

528

萩原

ペキニーズ

11

オス

529日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関の扉を閉めなかったため、逃走してしまったそうです。

今後は、サークル内で管理するとのことでした。

気温が高くなると、玄関の開け放しや、ドアを閉めず網戸のまま外出するなどの理由で、小型犬の逸走が増えてきます。

玄関の内側にベビーゲートを利用した逸走防止柵を設置する、戸締りを確実に行うといった対策をお願いします。

また、これからの季節、室内飼養の犬を留守番させる際は、熱中症にも気を付けてください。

加えて、室内飼養の小型犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

平成28

525

芦崎

シーズー

4

白黒

メス

525日 飼い主さんのお迎えがありました。

風で玄関ドアが開いたすきに逃走してしまったようです。今後は、ドアの内側に逸走防止柵を設置していただくことにしました。小型犬は、交通事故に遭遇すると、命を落とす可能性が高いです。逸走しないよう十分に注意しましょう。また、鑑札と注射済票は必ず愛犬に装着し、所有者明示してください。

平成28

524

萩原緑町

雑種

4

クリーム

メス

524日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用リードが破損したため、逃走してしまったそうです。

新しい係留用リードの購入をお願いします。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

また、このわんちゃんには狂犬病予防注射済票が装着されていたため、早期返還となりました。

平成28

515

明野高尾

雑種

2

メス

516日 飼い主さんのお迎えがありました。

無人になる間、番犬として敷地に放すようにしていたところ、門の下の隙間から逃走してしまったようです。今後は、敷地に広くワイヤーを張り、そこにリードで係留するようにしていただきました。

また、犬の登録及び狂犬病予防注射を行った際に交付される鑑札と注射済票は、必ず犬に装着し、飼い主明示をしてください。

平成28

513

緑が丘

7

メス

513日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭で放していたところ、隙間から逃走してしまったようです。以前も逃走したことがあったので、今後はチェーンリードで繋ぐようにするとの事でした。

加えて、首輪には必ず犬鑑札と注射済票を装着し、飼い主明示を行ってください。

平成28

510

住吉町

雑種

3

白茶

オス

511日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関を開けた間に逃走してしまったそうです。

玄関を開けても出られないように、バリケード用の柵を設置し対策していただきました。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながります。

平成28

58

寒田

シベリアン・ハスキー

14

白灰

オス

59日 飼い主さんのお迎えがありました。

訪問者が門を開けたままにしていたため、逃走してしまったそうです。

訪問者の出入りが頻繁な場合は、玄関先に入れる、庭で係留するなどの対策をお願いします。

高齢犬であっても敷地外に逃走する事はあります。また、眼や耳が不自由になっており、転落や交通事故にあう危険性も高くなります。十分な対策をお願いします。

加えて、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

56

津守

ラブラドール・レトリバー

11

 

クリーム

メス

56日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留用リードが外れ、フェンスの隙間から逃走してしまったそうです。

新しい係留用リードの購入をお願いします。

リードを購入する際は、説明文をよく読み、散歩用リードなのか係留用リードなのか、体格や体重に合っているのか確認してから購入してください。

また、首輪やリードといったものは、不具合がないか毎日散歩の前後に点検し、定期的に交換しましょう。

加えて、フェンスの隙間を埋め、逸走経路がないようにしてください。

平成28

56

横瀬

11か月

メス

56日 飼い主さんのお迎えがありました。

庭で係留していたが、布製の首輪をちぎって逃走してしまったそうです。

革製の首輪の購入をお願いします。

また、わんちゃんが身に付ける首輪やリードは、体格や体重に合ったもので、耐久性の高いものを利用してください。

リードを咬んでしまう癖がある場合は、鎖での係留をお願いします。

平成28

55

角子南

4

茶白

オス

56日 飼い主さんのお迎えがありました。

柵の隙間から逃走してしまったそうです。

今後の対策として、逸走防止柵を整備し、庭に出す際はリードに係留するとのことでした。

鼻先が入る程度の隙間であっても逸走経路となり、逃走してしまう場合があります。隙間を塞ぎ、前足がかからない十分な高さの逸走防止柵内での管理をお願いします。

平成28

54

富士見ヶ丘東

ポメラニアン

5

白クリーム

メス

56日 飼い主さんのお迎えがありました。

窓の隙間から逃走してしまったそうです。

窓の開閉時は十分注意してください。

万が一に備え、敷地の周囲に逸走防止柵を設置するなど二重の対策をお願いします。

また、室内犬であっても、「狂犬病予防法」を守り飼養しましょう。犬の登録と、犬に狂犬病予防注射を受けさせること、鑑札と狂犬病予防注射済票の装着は飼い主の義務です。

平成28

52

城南

マルチーズ

11

メス

56日 飼い主さんのお迎えがありました。

係留をせず一緒に敷地外に出たそうです。

家の周囲であっても、必ず係留しましょう。

室内犬であっても、首輪や胴輪を装着し、それに犬鑑札や狂犬病予防注射済票を装着しましょう。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながります。

平成28

54

光吉

13

茶白

メス

54日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩のために係留用リードから散歩用リードから繋ぎ換える際に逃走してしまったそうです。

係留用リードに繋いだ状態で散歩用リードをつける、また庭の周囲を逸走防止柵で囲うなど、万が一の逃走に備え二重三重の対策をお願いします。

逸走中に負傷しましたが、首輪に狂犬病予防注射済票が装着されていたため、すぐに飼い主さんに連絡を入れ、返還することができました。

迅速な犬の行方不明届出、犬鑑札と狂犬病予防注射済票の首輪への装着、迷子札やマイクロチップの装着は、愛犬の命を守ることにもつながります。

平成28

52

上八幡

1

オス

52日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩から帰宅後、犬小屋に入れる前にリードを外したそうです。

犬小屋に入れた後にリードを外してください。

首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

また、逃走に気が付いたら、すぐに大分市保健所衛生課に電話で届出を行ってください。

平成28

52

高江

シェトランド・シープドック

15

白黒茶

オス

52日 飼い主さんのお迎えがありました。

排泄物を片付けるために庭に出していたところ、隙間から逃走してしまったそうです。今後はなるべく庭に出さないようにし、出す場合はリードで繋ぐようにするとの事でした。

高齢だからと油断せず、隙間をきちんと塞ぐようにしてください。また、首輪には鑑札および注射済票を装着し、飼い主明示をしてください。

平成28年

4月26日

上野

雑種

18

茶白

オス

427日 飼い主さんのお迎えがありました。

門扉が開いていたため、逃走してしまったそうです。

門扉の開閉時には十分注意し、確実に閉めましょう。

また、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

平成28

418

原村(野津原)

雑種

5

メス

419日 飼い主さんのお迎えがありました。

散歩中にリードを放してしまったそうです。

リードで確実に係留して散歩をするようお願いします。

また、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

鑑札は登録を、注射済票は狂犬病予防注射を受けた証明であると同時に、迷子札としての役割も果たし、早期返還につながりますので必ずわんちゃんの首輪に装着しましょう。

平成28

418

日岡

M.シュナウザー

8

灰白

オス

419日 飼い主さんのお迎えがありました。

玄関の扉を自分で開け、逃走してしまったそうです。

扉の施錠を確実に行い、鍵がかかっているか確認する習慣をつけるようにしましょう。

また、室内飼養の小型犬であっても首輪をつけ、首輪には、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を必ず装着してください。

 

 


関連情報
リンク
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
大分市保健所衛生課動物愛護担当班
電話:(097)536-2567  FAX:(097)532-3490

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?