第4期大分市障害福祉計画を策定しました

 障害者自立支援法(平成25年4月に「障害者総合支援法」に改正されました。)の規定に基づき、策定していました第3期大分市障害福祉計画の計画期間が終了したことにより、3年間の実績や進捗状況及び新体系への移行状況を踏まえ、「第4期大分市障害福祉計画」を策定しました。

 

1 計画策定の趣旨
 障がいのある方が、住み慣れた地域で、自立した生活が営めるように、支援の内容やサービス量等の現状分析を行い、障害福祉サービス等の提供体制の確保を目指します。

2 計画の期間
 平成27年度~平成29年度の3年間を第4期の計画期間とします。

3 計画の位置づけ
 この計画は、「第3期大分市障害者計画」の分野別計画となります。また、大分市総合計画や大分市地域福祉計画、すくすく大分っ子プラン、大分市高齢者福祉計画等の関連計画との整合性を図りながら、策定するものとします。

4 計画の基本的な考え方
 障がい者の自立と社会参加を基本とする障害者基本法を踏まえ、第1期計画に掲げた次の基本理念の推進を図ります。
 ・障がい福祉サービスの提供体制
 ・相談支援の提供体制
 ・障がい児支援の提供体制

5 計画の進行管理
 PDCAサイクルを導入し、基本指針に即して定めた成果目標等について分析・評価を行い、必要に応じて計画の見直しを行います。

6 計画の概要
 障がい福祉サービス等の見込み量の数値目標を設定しました。
 ・訪問系サービス
 ・日中活動系サービス
 ・居住系サービス
 ・相談支援
 ・地域生活支援事業
 


ダウンロード


この情報のお問い合わせ先
福祉保健部 障害福祉課
電話:(097)537-5658  FAX:(097)537-1411

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?