『国土利用計画法』について

 国土利用計画法では、一定面積以上の土地の取引をしたときは、契約を締結した日を含めて2週間以内に買主が届出をする必要があります。
 また、国土利用計画法では注視区域・監視区域・規制区域がありますが、大分市では区域指定はされていません。
1.届出に必要な土地取引等
画像
2.届出について
対象 1の土地取引に該当する買主の方
代理の可否
受付窓口 都市計画部 都市計画課
場所 〒870-8504 荷揚町2番31号 市役所本庁舎7階
電話番号 097-537-5636  
ファクス 097-536-7719
受付時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)
提出書類
(原則としてA4サイズ)
土地売買等届出書(3部)
様式をダウンロードしたときは1部を記入し、残りの2部はコピーをしてください。
※印鑑は3部とも押してください
必要なもの(添付書類) 1.売買契約書の写し・・2部
2.地形図(縮尺1/25,000程度)・・2部
3.付近見取図(縮尺1/2,500程度)・・2部
4.公図(字図)・・2部
5.実測測量図・・2部(実測面積で売買契約した場合。)
6.委任状・・1部(当事者が届出をせず、代理人が届出をする場合。 ただし、当事者が法人で、その関係者が届出を行うときは該当しない。 )
注意事項 ゼンリンの地図を複製使用する際は、使用許可の証紙を貼付してください。 
3. その他      
 届出をしなかったり、又は偽りの届出をすると、法律で罰せられることがあります。

 詳しくは都市計画課へ問い合わせください。    
 国土利用計画法第23条第1項(抜粋)  
土地売買等の契約を締結した場合には、当事者のうち当該土地売買等の契約により土地に関する権利の移転又は設定を受けることとなる者は、その契約を締結した日から起算して2週間以内に、当該土地が所在する市町村の長を経由して、都道府県知事に届け出なければならない。

ダウンロード
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
都市計画部 都市計画課
電話:(097)537-5636  FAX:(097)536-7719

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?