大分の郷土料理を食べよう!!

大分に来たらまずはこれ!大分の郷土料理!

  歩くほど 美味しくなる街 大分市

大分に来たら、絶対に食べてほしい大分の郷土料理を紹介します。昔ながらの家庭の味をご堪能ください。

 

とり天

とり天

大分市の代表的な郷土料理!

鶏肉の胸肉、モモ肉などに衣をからめてふわっと揚げた「とり天」!!

揚げたて熱々に酢醤油と練りからしをつけて食べます。

昭和37年に、市内のある食堂から誕生し、今では大分の定番メニューです!

 

 

だんご汁

だんご汁

  大分市のだんご汁は麺状に細く手延べしただんごに里芋、椎茸、ゴボウなどの山の幸を加え、味噌仕立てにしたものです。

シンプルだけど栄養満点!!元気になる一品です。

 

やせうま

 やせうま

 

 

平安朝の頃、豊後大分に世を忍んで幼君に仕える八瀬という乳母が暮らしていました。

その八瀬が幼君のおやつとして、きな粉をまぶして食べさせたのが、本品「やせうま」の始まりです。


名前は幼君の“やせ、うまうま”が欲しいという言葉がそのまま「やせうま」になりました。

小麦粉を主原料にしているため、非常に栄養価が高く、もちろん風味も格別。きな粉の味と香りが加わって、ほどよい甘さに仕上げられています。

夏場は冷やしてたべると一段と美味!!


 

とりめし

とりめし

もともと農家や漁師の家の家庭料理とされ、地域により味付けや材料が変わります。

一般的には鶏肉とごぼうだけを細かく切り、甘辛く煮付け米と合わせます。

 

りゅうきゅう

りゅうきゅう

大分でとれた新鮮な魚(ぶりやさばなど)の刺身を醤油やしょうが・ゴマを入れた漬け汁に浸し、しばらく置いたもの。酒の肴にも、また熱々のご飯に載せてりゅうきゅう丼にしても美味しくいただけます!

 

大分おすすめ飲食スポットはコチラ!!!


この情報のお問い合わせ先
商工労働観光部 観光課
電話:(097)537-7043  FAX:(097)537-5670

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?