大分市学校給食西部共同調理場調理等業務委託事業者の選定結果についてお知らせします

 平成28年1月26日、大分市学校給食西部共同調理場調理等業務委託事業者選定委員会において、公募型プロポーザル方式による企画提案書等の審査と併せてヒアリングを行った結果、契約候補者を「株式会社 東洋食品」に決定しました。

【決定の理由】
 大分市学校給食西部共同調理場調理等業務委託事業者選定委員会で、選定基準に基づき厳正かつ公正に総合得点方式により審査した結果、最高得点を得たため、これに決定いたしました。

【審査講評】
 大分市学校給食西部共同調理場は、現在、市内15中学校、3小学校へ学校給食の供給を行っている施設であり、当調理場で実施する学校給食の調理等業務は、平成22年9月より民間事業者に委託しております。現在の民間事業者との契約履行期間は平成28年7月31日までとなっており、引き続き学校給食の調理等業務を民間事業者へ委託するにあたり、経営能力や技術能力等を活用することにより、調理等業務の安全性および効率性を確保するため、公募型プロポーザル方式により選定を行うこととしました。
 第1回選定委員会を平成27年11月26日に開催し、平成27年12月14日から募集を受付けたところ2社から参加表明書兼参加資格審査申請書および企画提案書等の提出がありました。
 これを受けて、第2回選定委員会を平成28年1月26日に開催し、審査(プレゼンテーションおよびヒアリング、書類審査)を2社に対して行った上で、選定基準に基づき厳正かつ公正に総合得点方式により評価したところ、「株式会社 東洋食品」が最高得点を得たので、当事業者を契約候補者に特定することにしました。
 今回提出された各事業者の提案は、「安心・安全」、かつ「おいしい・楽しい」学校給食の提供を行う上で必要条件となる衛生管理や安全対策、危機管理、調理等業務の円滑な運営や実施体制、調理従事者等への教育および研修や学校給食に対する考え方等について、さまざまな提言が盛り込まれ、提案者の取り組み意欲と熱意が感じとられました。
 この中で、契約候補者となりました「株式会社 東洋食品」の提案は、安心・安全を十分に考慮し、おいしい・楽しい学校給食を実現するための方策が明確かつ豊富であり、今後の積極的な取り組みが十分期待できるものでした。
 具体的には、食中毒防止に対する厳重な衛生管理体制の確立とその管理下での防止策、異物混入を防ぐための各種防止策、従事する者に対しての学校給食に携わることへの意義や衛生管理面・実務面・健康管理面などのさまざまな教育・指導、従事する者の定着・安定雇用につながる実施体制、障がい者の雇用を含め、従事する者皆が安心して円滑に働ける業務体制づくり、常時2献立の調理およびアレルギー対応食を提供する中での人と物の動きの作業工程、また、食物アレルギーへの考え方や取り組み内容、学校給食を食育の生きた教材として活用する考え方などに、これまでの経験や実績など、学校給食をよく理解していることがうかがわれ、総合的に高い評価を受ける結果となりました。
 契約候補者におかれましては、万全の衛生管理に努め、十分な危機管理のもと、この企画提案書等に基づき、安心・安全でおいしい・楽しい学校給食の提供に心がけていただきたいと思います。
 最後に、特定されなかった提案者におかれましては、多くの労力、経費の負担をお掛けいたしましたが、本プロポーザルの過程で築かれた能力が、今後の業務に生かされますことを期待いたします。

大分市学校給食西部共同調理場調理等業務委託事業者選定委員会
                            委員長 江崎 一子

【選定委員】
委員長 江崎 一子 (別府大学食物栄養科学部教授)
委 員 内藤 勝浩 (公認会計士)
委 員 橋本 順子 (社会保険労務士)
委 員 分藤 貴弘 (大分市PTA連合会会長)
委 員 羽野 隆  (大分市中学校長会代表)
委 員 嶋津 宗典 (大分市保健所所長)
委 員 澁谷 有郎 (大分市教育委員会教育部長)
 




この情報のお問い合わせ先
教育委員会事務局教育部 スポーツ・健康教育課
電話:(097)537-5650  FAX:(097)538-4800

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?