弁天水資源再生センターについて

弁天水資源再生センター

~中央処理区~

 市内5つの水資源再生センターの中で、最も大きい処理能力を有し、本市の中心部である大分駅周辺を含む大分川左岸地域の汚水処理を行っています。また、処理水の一部は貴重な淡水資源として、府内城址公園の堀水の浄化や市役所のトイレ用水、緑地散水・工事現場雑用水等に再生利用しています。

全景写真

 

施設配置図

 

 

概 要

所在地

弁天四丁目1番1号

計画処理人口(人)

全体

131,000

敷地面積

61,727平方メートル

整備

85,539

排除方式

分流式

処理能力

(立方メートル/日)

 (日最大汚水量)

全体

94,090

供用開始年月日

昭和52年10月1日

整備

47,890

処理方式

標準活性汚泥法

計画処理面積(ha)

全体

2,315

放流先

大分川

整備

1,306

(全体 : 最終計画値) (整備 : 平成25年3月31日現在)

※処理能力は設計HRT=7.5の時

 

水資源再生センターの維持管理に関するお問合せ先

  弁天水資源再生センター (097)536-3291

 

主な関連項目

 大分市の下水道施設

 宮崎水資源再生センター

 原川水資源再生センター

 大在水資源再生センター

 松岡水資源再生センター

 汚水中継ポンプ場

 雨水排水ポンプ場

 水がきれいになるまで~下水道のしくみ~


この情報のお問い合わせ先
下水道部 下水道施設課
電話:(097)537-5642  FAX:(097)537-7161

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?