認定農業者になりませんか

○認定農業者制度の概要
認定農業者制度は、経営改善を図ろうとする農業者が作成した「農業経営改善計画」を、大分市が認定する仕組みです。国の支援策等は認定農業者に対して重点的に行われます。

認定を受けるには
5年後の経営改善目標の達成に向けた取り組みを下の[ダウンロード]にある「農業経営改善計画認定申請書等」に記載いただき、農林水産課に申請を行ってください。
取り組み内容としては、
1.経営規模の拡大
2.生産方式の合理化
3.経営管理の合理化・改善
4.働き方(労働時間・休日等)の改善
等を記載していただきますが、
記載にあたっては大分市担い手育成総合支援協議会(事務局:農政課)等が相談に応じますので、農政課までご連絡ください。
※認定期間は5年間となっており、再度の認定には同様の手続きが必要です。

認定対象者
今後とも農業を頑張っていこうとする意欲ある次のような農業者を対象としています。
1.
.現在、農業を行っており、更なる経営展開を目指す農業者
2.小規模経営から脱却し、規模拡大等により農業を専業としようとする農業者
3.新規就農者
4.農業経営を行う法人

認定基準
大分市による農業経営改善計画の認定を受けるための要件は次の通りです。
1.計画が大分市の「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」に照らして適切なものであること
具体的には、自己の農業経営の5年後において、
(1)年間労働時間については、主たる農業従事者1人あたり、2,000時間以内
(2)年間所得については、主たる農業従事者1人あたり、農業所得400万円の確保
等を目標とする計画であること。
2.計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること
3.計画の達成される見込が確実であること

・認定の手続
認定を受けようとする農業者は、大分市に次のような内容を記載した「農業経営改善計画認定申請書」等を提出する必要があります。
1.経営規模の拡大に関する目標(作付面積、飼養頭数、作業受託面積)
2.生産方式の合理化に関する目標(機械・施設の導入、ほ場の連担化、新技術の導入など)
3.経営管理の合理化に関する目標(複式簿記での記帳など)
4.農業従事の態様等の改善に関する改善の目標(休日制の導入など)
5.所得目標400万円以上を目指す計画(品目別収益表)


関連情報
リンク
ダウンロード


この情報のお問い合わせ先
農林水産部 農政課
電話:(097)537-5628  FAX:(097)534-6176

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?