転入届

他の市区町村や海外から大分市に引っ越してきたときの届出です。

転入手続きを行うためには、海外から引っ越してきた場合を除き、事前に前住所地市区町村での転出届が必要になります。

また、外国人住民の方については、観光などの短期滞在者等を除いて、日本国内に3か月を超えて在留する場合は届出が必要です。
対象者 大分市内に引っ越してきた本人または世帯主
代理の可否 可(同一世帯人ではない方が届出をする場合は、原則委任状が必要です)
受付窓口 市民課、各支所、各連絡所窓口 (今市連絡所を除く)
受付時間 午前8時30分~午後5時15分、ただし市民課(本庁舎)は午後6時まで

(土曜日、日曜日、祝日、および12月31日~1月3日を除く)

費用 無料
提出書類 転入届
必要なもの(添付書類) ・印鑑

・転出証明書(海外から転入される方、住民基本台帳カード・マイナンバーカードを使って特例転入手続きをされる方は除く)

・窓口に来られた方が、ご本人であると確認できる書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)、マイナンバーカード、在留カード、健康保険証など)

・通知カード(マイナンバーをお知らせする緑色の紙製のもの。マイナンバーカードの交付を受けている方は不要です)

・住民基本台帳カード(交付を受けている方)

・マイナンバーカード(交付を受けている方)

・委任状(同一世帯人以外の方が届出する場合)

※ 海外から転入される日本人住民の方は、
転入者全員のパスポート、戸籍謄本・戸籍附票の写し
もご持参ください。
(戸籍謄本・戸籍附票の写しは大分市が本籍地の方については不要)

※ 外国人住民の方は、
在留カード(外国人登録証明書)、特別永住者証明書、パスポート
(在留カード等の交付をまだ受けていない場合)も必ずご持参ください。
また、続柄を証明する文書(原本)が必要な場合もあります。

注意事項

・同居の方がいらっしゃる場合、同居の確認を取らせていただく場合があります。

・正当な理由がなく14日以内に届出をされないときは、住民基本台帳法の規定により、5万円以下の過料に処せられることがあります。外国人住民の方につきましては、1年以下の懲役もしくは禁固、または20万円以下の罰金に処されることがあります。

 
 

 


関連情報
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
市民部 市民課 住民記録担当班
電話:(097)537-5734  FAX:(097)537-2981

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?