住民基本台帳カードの利用を希望される市民のみなさんへ

テキストアイテムワンポイントイメージ
住民基本台帳カードには、「Aタイプ」または「Bタイプ」があり、どちらかを選べます。
〇「Aタイプ」は「市区町村名、有効期限(発行の日から10年間)」 氏名(外国人住民の方で通称名がある方は通称名も)のみが表示されます。 
〇「Bタイプ」は「市区町村名、有効期限(発行の日から10年間)」 氏名(外国人住民の方で通称名がある方は通称名も)、生年月日、性別、住所、顔写真が表示され、身分証明書としての利用ができます。
「顔写真」は手続きの際に窓口にて無料で撮影をします。


対象者 大分市に住民登録がある人
代理の可否 15歳未満の方および成年被後見人の場合は、法定代理人による申請となります。本人の代理による任意代理人申請については、一度お問合せください。
受付窓口 市民課5番窓口・各支所・明野出張所 (電子証明書を希望される方は市民課5番窓口・鶴崎支所・稙田支所へお越しください)
受付時間 各支所・明野出張所は午前8時30分~午後5時15分、市民課は午前8時30分~午後6時まで(※電子証明書は午後5時15分まで)となります。
(土曜日、日曜日、祝日、および12月31日~1月3日を除く。)
手数料 500円。なお、電子証明書を希望される方は別途500円が必要です。
提出書類等 ・住民基本台帳カード交付申請書等(様式ダウンロード有り)

・印鑑

・写真 {窓口で撮影する(無料)場合は不要}

 サイズ 縦4.5センチメートル 横3.5センチメートル

 ※申請前6月以内に撮影した無帽、正面、無背景の写真であること。

必要な書類
(本人確認書類)
下記1~3の方法で、申請者の本人確認を行わさせていただきます。

1.ICカード運転免許証をお持ちの方

 運転免許証のパスワード(数字4桁、2種類)を入力していただきます。パスワードが一致すれば「住民基本台帳カード」は即日交付ができます。

2.ICカードではない運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月以降に交付されたものに限る)・パスポート・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書・在留カードまたは特別永住者許可書とみなされている外国人登録証をお持ちの方、IC運転免許証のパスワードを忘れられた方

 上記書類に加え、健康保険証など、もう一点の本人確認書類の提示が必要です。「住民基本台帳カード」は即日交付ができます。


3.上記1・2の身分証明書がない場合

 官公署・金融機関等が発行した本人確認書類(健康保険証・年金手帳・通帳・キャッシュカードなど)を必ず2点提示していただきます。同時に本人確認のために「住民基本台帳カード交付通知書兼照会書」を住所宛に特定記録郵便にて送付します。
 この場合、住民基本台帳カードは、後日
・「住民基本台帳カード交付通知書兼照会書」
・申請の際に使用した「印鑑」
・申請の際に提示した「本人確認書類2点」
をお持ちいただいた際に、窓口にて交付します。


※ご不明な点などございましたら、お問い合わせください。

注意事項 上記3の「住民基本台帳カード交付通知書兼照会書」につきましては、郵便局に「留め置き」・「転送」の手続きをされている方はお受け取りになれません。
担当職員まで一度ご相談ください。

住民基本台帳カードは、申請した窓口に必ず本人がお越しいただき、「ご本人もしくは法定代理人」に暗証番号(数字4ケタ)を登録後、お渡しすることとなります。
 

 


関連情報
ダウンロード
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
市民部 市民課 住民記録担当班
電話:(097)537-5734  FAX:(097)537-2981

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?