市が発令する避難情報について

 「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」は、災害が発生するおそれが高まった場合などに、人の生命・身体を災害から保護する事を目的に発令する避難情報です。
 「避難勧告」等が発令された場合は、直ちに安全な場所に避難するなどの避難行動をお願いします。

情報の種別 発令時の状況 住民にとっていただきたい行動
 避難準備・高齢者等避難開始

 災害が発生する可能性が高まった状況で発令する情報です。
 事態の推移によっては、「避難勧告」や「避難指示(緊急)」が発令される可能性があります。

 避難行動に時間のかかる高齢者などの要配慮者とその支援者は「立退き避難」を開始してください。
 それ以外の人は、家族との連絡や非常持出品の用意など避難の準備を整えるとともに、以後の防災気象情報等に注意を払い、自発的に避難を開始することが望まれます。

 避難勧告  災害により、人的被害が発生する可能性が明らかに高まった状況で発令する情報で、安全な避難所等への避難を促すものです。

 通常の避難行動ができる住民等も、避難行動を開始してください。
 火の始末、戸締りを徹底し、非常持出品を持って、予想される災害に対して安全な避難所等へ速やかに「立退き避難」をしましょう。
 「立退き避難」はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、「屋内安全確保」を行うなど状況に応じた適切な避難行動をとってください。

 避難指示(緊急)  前兆現象の発生や、現在の切迫した状況から、人的被害が発生する危険性が非常に高い状況で発令する情報で、避難勧告よりも強く避難行動を促すものです。

 避難行動中の人は、直ちに避難行動を完了させてください。
 まだ避難していない人は、緊急に避難所等へ「立退き避難」するとともに、そのいとまがない場合は「屋内安全確保」を行うなど命を守る最低限の行動をとってください。

 

避難行動とは

 避難行動とは、数分から数時間後に起こるかもしれない自然災害から「命を守るための行動」です。
 避難勧告等が発令された場合の避難行動は、避難所等に移動(立退き避難)する事のみではなく、次の全てが避難行動です。

 1.指定避難所(避難場所)への移動

 2.(自宅等から)安全な場所への移動(公園、親戚や友人の家等)

 3.近隣の高い建物等への移動

 4.自宅の2階など、建物内の安全な場所にとどまる(屋内安全確保)

※すでに道路が冠水しているなど、屋外を移動して避難(立退き避難)することが危険と判断した場合に、自宅の2階など安全な屋内にとどまる事(屋内安全確保)も避難行動です。

※日頃から、災害種別(洪水・土砂災害など)ごとに自宅や職場等が「立退き避難が必要な場所なのか」、「上階への移動等で命の危険を脅かされる可能性がないのか」などについてハザードマップなどで確認・認識し、災害時に適切な避難行動(立退き避難や屋内安全確保など)がとれるよう備えてください。

 命を守るために、その時点で最も安全な避難行動は何かを考え、判断し、行動しましょう。


外部リンク:「避難準備情報」の名称変更について(内閣府ホームページ)

 


関連情報
関連リンク
この情報のお問い合わせ先
総務部 防災局防災危機管理課
電話:(097)537-5664  FAX:(097)533-0252

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?