大分市歴史資料館

こどもページ > いってみようおでかけ > 施設 > 歴史資料館 > 大分市歴史資料館

歴史資料館の建物全体の写真歴史資料館は広く市民の郷土の歴史を学ぶ場、情報提供の場をめざして、さまざまな活動を行っています。

 常設展示室では、市内を中心とした先史~近代までの展示を行っています。また企画展示室では、当館所蔵の資料を中心とした「テーマ展示」を年3回行い、大分の歴史に関係する資料を全国から集めて、展示を行う「特別展」を年1回開催しております。
 また、歴史をより身近に親しんでもらうために、「ふるさとの歴史再発見講座」を歴史・考古・民俗文化史・古文書の4コース実施しております。
 それぞれの詳しい内容については、下記リンクを参照ください。
 

【歴史体験活動】
 資料館にはいろいろな歴史体験メニューがあり、毎月1回ふれあい歴史体験講座を実施するとともに、多くの小・中学校が団体で利用しています。
 これらの歴史体験はPTA活動、家庭教育学級、地域の子ども会、児童育成クラブでも利用できます。体験メニューは下の表のようになっています。活動時間、参加人数に合わせて、いくつかのメニューを組み合わせることができますので、ご相談ください。

◎歴史体験活動メニュー
  体験活動 活動時間 内容 材料費
火起こし 40分 古代の弓ぎり式による火起こし 無料
勾玉[まがたま]作り 約1.5時間 かっ石で使って古代のアクセサリー勾玉[まがたま]を作ります 1個  200円
管玉・丸玉[くだたま・まるたま]作り 約2時間 かっ石で古代のアクセサリー管玉と丸玉を作ります 1セット 260円
はにわ作り 約2時間 粘土で人物はにわを作ります 1個 210円
土笛[つちぶえ]作り 約1.5時間 粘土で古代の楽器土笛を作ります 1個 50円
土面[どめん]作り 70分 粘土で縄文時代のお面を作ります 1個 130円

古代のアクセサリー勾玉[まがたま]

人物はにわ

古代の火起こし


【豊後国分寺跡史跡公園】

 資料館の隣は、今から約1250年前、奈良時代に作られた豊後国分寺[ぶんごこくぶんじ]の跡地です。南北約300メートル・東西約180メートルの広大な境内に、高さ約67メートルの七重塔[ななじゅうのとう]、本尊を安置する二階建ての金堂[こんどう]などが建ち並んでいました。今も残る七重塔の礎石[そせき]からは当時の壮麗な姿がしのばれます。
 

空からみた豊後国分寺跡
空からみた豊後国分寺跡 

 現在は寺跡の内、約33,000平方メートルが史跡公園として整備され、奈良時代の栄華を今に伝えるとともに、四季をつうじて市民の憩いの場となっています。
 特に、春には公園内の桜がとてもきれいに咲き誇り、隠れたお花見の名所となっています。ぜひ、桜の季節には体験学習で歴史を学んで、お花見もお楽しみください。


桜が満開の国分寺跡史跡公園


七重塔の柱を乗せていた
礎石[そせき]


【利用案内】

◎休館日
●毎週月曜日(祝日の場合は開館)
ただし、毎月第1月曜日は開館し、翌火曜日が休館(祝日の場合は開館)。
●祝日の翌日(祝日の場合は開館)
●年末年始(12月28日~1月4日)

◎開館時間 
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 

歴史資料館への案内図
歴史資料館案内図 

◎観覧料
大人・・・200円(団体)150円  高校・・・100円(団体)50円 
※中学生以下無料
※団体は20名以上。 
※身体障害者手帳、療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人とその介護者は無料です。入館時に受付で手帳を提示してください。
◎交通機関
●JR久大本線 豊後国分駅下車 徒歩2分
●バス JR「大分駅」前から大分バス国分新町ゆき 歴史資料館入口下車 徒歩5分
●自家用車 高速道路「大分自動車道」大分光吉ICより国道210号線を湯布院方面へ約15分 
 

こっちもチェックしてみよう!

-お問い合わせ-
大分市歴史資料館〒870-0864 大分市大字国分960番地の1
電話(097)549-0880
FAX(097)549-5766

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ホームに戻る
ページの上に戻る