個人情報保護制度とは

個人情報保護制度は、「大分市個人情報保護条例」に基づき、市が保有する個人情報をより適正に取り扱うとともに、自分の個人情報を確認したり、情報の誤りを訂正したりする権利などを明らかにする制度であり、市政の円滑な運営を図り、個人の権利・利益を保護することを目的としています。

制度を実施する実施機関
この制度を実施する機関は、市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業管理者、消防長及び議会です。

個人情報を適切に取り扱うためのルール
(個人情報取扱事務の閲覧)
市が個人情報を取り扱う事務について、目的や情報の種類などを記載した簿冊を作成し、閲覧できるようにします。
(収集の制限)
個人情報は、原則として本人から収集します。思想、信条などに関する情報は、法令等の定めがある場合などを除き、収集は行いません。
(利用提供の制限)
個人情報を取り扱う事務の目的以外に市内部で利用したり、市以外の者に提供することは、原則として行いません。
(適正な管理)
個人情報が外部に漏れたり、なくなったりしないよう、適正な管理に努めています。また、保有する必要がなくなった個人情報は、確実かつ迅速に、廃棄または消去します。


確認できる個人情報
市が保有する個人に関する情報で、氏名、住所、生年月日、職業、財産、家族状況の記述などにより、特定の個人を識別することができるものです。また、それだけでは誰のものか分からない情報であっても、他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができるものも含まれます。

[お願い]
市民の皆さんへ
個人情報保護の重要性を十分に認識し、自分の個人情報の保護に心掛けることはもとより、他人の個人情報についても、個人の権利・利益を侵害することのないよう努めるとともに、個人情報の保護に関する市の施策にご協力をお願いします。

事業者の皆さんへ
事業者の皆さんにも、個人情報を保護する責任があります。個人情報の保護の重要性を認識し、個人の権利・利益を侵害することのないよう努めるとともに、個人情報の保護に関する市の施策にご協力をお願いします。

この情報のお問い合わせ先
総務部 総務課 情報公開室
電話:(097)537-5797  FAX:(097)532-2790

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?