感染症発生動向情報

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の患者報告数が、多い状態が続いています。

 

 ・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

 鼻腔や口腔から感染する飛沫感染で、潜伏期間は2~5日です。

 突然38度以上の発熱、咽頭痛、リンパ節の腫れ、嘔吐などが見られます。熱は3~5日

 以内に下がり、1週間以内に症状は改善しますがまれに重症化し、喉や舌、全身に発赤が

 拡がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行することがあります。

 予防には患者との接触を避け、手洗い、うがいの励行が有効です。

 

    

詳しくは下記をクリックしてください。

大分市感染症発生動向(第19週)

大分市感染症発生動向(第18週)

大分市感染症発生動向(第17週)

大分市感染症発生動向(第16週)

 

 

大分県ホームページへリンク

知って安心!あなたの街の感染症情報

麻しん風しんについて  

 


関連リンク
この情報のお問い合わせ先
福祉保健部  保健予防課 感染症対策担当班
電話:(097)536-2851  FAX:(097)532-3356

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?