大分市の歴史探訪4(南部地区の文化財)

楠木生石造五重塔
楠木生石造五重塔 [県指定史跡]
 造立は南北朝時代の延文5年(1360年)。総高3.3mの五重塔です。笠の四隅の軽やかな反りは美しく、重厚で安定感に富んだ全体の構成と合せ優雅です。
 軸部には梵字が刻まれ、基礎石には施主の名前のほか「多宝如来」と刻まれています。
クスノキ
クスノキ [市指定天然記念物]
 高さ約20m。根まわりは約12.8mのクスの巨木です。
 地上より約4mのところで4本に大きく枝分かれし、樹冠の広がりは東西約33m、南北約45mと大きく広がっています。
中間石幢
中間石幢 [県指定史跡]
 石幢は、仏堂の内にかける「幢」という旗の形から起こったとも、笠塔婆の変化した形ともいわれてます。
 この中間石幢は、室町時代初期の作で、笠のすぐ下には地蔵菩薩や童子像、司命像が浮き彫りにされ、さらに笠の内側には33人の法名が墨書されており、造立にあたった人々の信仰の厚さを物語っています。
長宗我部信親の墓
 長宗我部信親(のぶちか)の墓
 長宗我部信親は、天正14(1586)年、薩摩軍の豊後侵入に際し、豊臣秀吉の命を受け、大友氏支援の援軍として四国よりやってきました。
 豊後・四国の連合軍は戸次河原で薩摩軍を迎え討ちましたが、軍略のまさった薩摩軍に敗れて退却しました。
 この合戦で信親は討たれ、薩摩軍によって手厚く葬られましたが、後に父、元親(もとちか)は家臣と僧侶を派遣し、遺骸を荼毘に付し、墓碑をつくったといいます。
南部地区地図

この情報のお問い合わせ先
教育委員会事務局教育部 文化財課
電話:(097)537-5639  FAX:(097)536-0435

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?