石綿(アスベスト)を排出する作業を実施するときは

 吹付け石綿(石綿含有仕上塗材を含む)や、石綿を含有する断熱材、保温材及び耐火被覆材が使用されている建築物を解体、改造、補修する作業を行うときは、作業開始日の14日前までに届出なければなりません。(大気汚染防止法) 
 
対象者 工事の発注者又は自主施工者
代理の可否
受付窓口 環境対策課 大気・騒音担当班(本庁舎4階)
受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)

費用 無料
提出書類 作業実施届出書、別紙 (様式ダウンロード有り)
提出部数は各3部(うち1部は控え)
必要なもの(添付書類) ・作業の対象となる建築物等の部分の見取図
(主要寸法および特定建築材料の使用箇所を記入したもの)
・作業場の隔離又は養生の状況、前室及び掲示板の設置状況を示す見取図
(主要寸法、隔離された作業場の容量並びに集じん・排気装置の設置場所及び排気口の位置を記入したもの)
その他 詳細につきましては下の 「建物を壊すときにはどうしたら良いの?」をご覧ください。建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアルも掲載されています。

石綿(アスベスト)についてQ&A(厚生労働省ホームページ)

解体等工事を始める前に(啓発用パンフレット)(環境省ホームページ)

大気汚染防止法の一部改正についてお知らせします(大分市ホームページ)

石綿含有仕上塗材を除去・補修する際には(大分市ホームページ)


ダウンロード
この情報のお問い合わせ先
環境対策課 大気・騒音担当班
電話:(097)537-5748  FAX:(097)538-3302

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?