口座振替(自動払込)制度

 

市税の納付は便利で確実な口座振替(自動払込)で! 

 この制度は、大分市内に本店・支店のある金融機関・ゆうちょ銀行の預・貯金口座から各納期限の日に自動的に振り替えて納税するものです。 
納め忘れの心配がなく、納付に出かける手間が省けます。

 

(1) ご利用できる税

   〇市県民税(普通徴収分)

   〇固定資産税(土地・家屋・償却資産)、都市計画税

   〇軽自動車税

   〇国民健康保険税

 

 (2) ご利用できる金融機関等

   ・ 銀行

    大分銀行・豊和銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・北九州銀行

    伊予銀行・福岡銀行・肥後銀行・宮崎銀行・西日本シティ銀行

    三井住友信託銀行・愛媛銀行

   ・ 信用金庫

    大分信用金庫・大分みらい信用金庫

   ・ その他の金融機関等

    商工組合中央金庫・大分県信用組合・九州労働金庫

    大分県農業協同組合・大分県信用農業協同組合連合会

    大分県漁業協同組合

   ・ ゆうちょ銀行(郵便局)

 

 (3) 申し込み手続き

   (ア) 通帳届出印による申込み

      大分市内に本店・支店のある金融機関、ゆうちょ銀行・郵便局または市役所納税課、各支所窓口にてお申し込みください。
      お申し込みには、通帳、通帳届出印、納税通知書が必要です。
      申込み用紙(口座振替依頼書)は大分市内の金融機関(ゆうちょ銀行・郵便局を含む)の窓口に備えております。
      大分市外に居住の方で、口座振替をご希望の方は、納税課までご連絡いただければ、申込み用紙を送付します。
      市県民税、固定資産税、償却資産、軽自動車税の納税通知書に口座振替依頼書を同封していますのでご利用ください。

 

    (イ) キャッシュカードによる申込み大分銀行、豊和銀行、大分信用金庫、大分みらい信用金庫、ゆうちょ銀行の口座に限る

      納税課、東部・西部資産税事務所、各支所の窓口では、通帳届出印の代わりに、キャッシュカードで申込みを行う、ペイジー口座振替受付サービスも利用できます。   
      暗証番号のわかるキャッシュカード、本人確認のできるもの(免許証等)、納税通知書をお持ちになって、窓口へお越しください。
      ※金融機関の窓口では申込みできません。
     
      ◎ペイジー口座振替受付サービスとは

      ペイジー端末機にキャッシュカードを通し、暗証番号を入力することにより、口座振替の申込みが完了します。
      通帳届出印なしで申込みができるので、書類不備(印鑑相違・印不鮮明)がなくなります。
      ※口座振替依頼書への記入は従来どおりです。

 

 (4) 申し込み期限

    毎月20日(国民健康保険税は末日)までにお申込みいただいた分は翌月末以降の納期限分から振替が開始されます。
    手続完了後に、口座振替開始(変更)通知書をお送りしますので、内容をご確認ください。

 

 (5) 振替ができなかった場合

    再振替は行っておりません。
    振替日の約1週間後に、口座振替不能通知書兼納付書をお送りしますので、納付書に記載されている金融機関等の窓口でご納付をお願いします。

   

 (6) 口座振替・自動払込済通知書の発行

    年税額全ての振替が終わった後に市税口座振替・自動払込済通知書をお送りします。
    ・期別振替の人:固定資産税は1月中旬、市県民税は2月中旬にお送りします。
    ・一括振替の人:固定資産税は5月中旬、軽自動車税(継続検査用証明書付)は6月中旬、市県民税は7月中旬にお送りします。
    
・国民健康保険税は1~12月までの1年間分を翌年の1月下旬にお送りします。

    ※通帳の記載と納税通知書で振替状況をご確認ください。


関連リンク
この情報のお問い合わせ先
財務部 納税課
電話:(097)537-5611  FAX:(097)537-2997

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?