関あじ・関さば

関あじ・関さば関あじ・関さば

 瀬戸内海と太平洋の水塊がぶつかりあう豊後水道で、一本釣りによりとれるマアジ・マサバの事を「関あじ」「関さば」と呼びます。そのうまさ、歯ごたえのよさから、高級魚として重宝されています。

関あじ

「関あじ」の旬は3月から10月。刺し身にして、大分名産の「カボス」をかけて食べると一段とうまみが増します。

 

秋口になると脂ののりがよくなるのが「関さば」。新鮮な刺し身は身が引き締まり、関ものならではの味と歯ごたえです。

関さば

 

美味しい関あじ・関さばの食べられるお店を大分市観光協会のホームページで紹介しています!

 

 


この情報のお問い合わせ先
商工農政部 観光課
電話:(097)537-7043  FAX:(097)537-5670

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?