ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 展覧会情報 > 特別展 > 特別展「THIS IS JAPAN 東京富士美術館所蔵 永遠の日本美術」を開催します

更新日:2021年9月10日

ここから本文です。

特別展「THIS IS JAPAN 東京富士美術館所蔵 永遠の日本美術」を開催します

  
                             0901

THIS IS JAPAN 東京富士美術館所蔵 永遠の日本美術

東京・八王子市にある東京富士美術館は、古今東西の絵画・版画・写真・工芸などさまざまなジャンルの優れた美術品約3万点を収蔵する、日本有数の美術館です。
本展は、その多岐にわたる同館のコレクションの中から、わが国固有の美意識が花開いた江戸時代を中心に、厳選した日本美術の名品約60点を紹介する展覧会です。狩野派や琳派(伝俵屋宗達・鈴木其一)、奇想派(伊藤若冲・曾我蕭白)、浮世絵(葛飾北斎・歌川広重)、文人画(池大雅・谷文晁)などの絵画をはじめ、工芸や、武具などの多様な分野から、教科書で目にするような名宝、逸品をずらりと展示。「キモカワ」「サムライ」「デザイン」「黄金」「富士山」など日本美術を特色付けるキーワードを通して、その豊饒な世界をわかりやすく楽しんでもらえる展観とします。
「これぞ、日本」と言いたくなる、世界に誇る日本美術の豊かさと、そのエッセンス(真髄)を堪能できる絶好の機会となることでしょう。
ぜひご来館ください。

象図 白糸裾萌葱紺威鎧 風神雷神図襖 洛中洛外図 凱風快晴

左より伊藤若冲《象図》、《白糸裾萌葱紺威鎧 兜・大袖・小具足付》、鈴木其一《風神雷神図襖》、狩野派《洛中洛外図屏風》、葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》※部分図を含む                                                                                          (c)東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

THIS IS JAPAN 東京富士美術館所蔵 永遠の日本美術」開催概要

会期 令和3年10月8日(金曜日)から11月14日(日曜日)まで
開館時間 午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日

令和3年10月11日(月曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)、11月8日(月曜日)

観覧料

一般1,200円(1000円)、高大生900円(700円)中学生以下は無料

  • ※()内は前売り、20名以上の団体料金 です。                              
  • ※ 上記観覧料でコレクション展(常設展)も併せてご覧いただけます。
  • ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者1名は無料です。
  • ※ 本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。

 

〇前売券
販売期間:令和3年9月1日(水曜日)から令和3年10月7日(木曜日)まで
販売所:
ローソン(ローソンチケット[Lコード:83833])、セブン・イレブン(チケットぴあ[Pコード:685-778)

イープラス(http://eplus.jp)、トキハ会館、大分市美術館、OABガーデンスタジオ5            

会場

大分市美術館 企画展示室

主催

大分市美術館、OAB大分朝日放送、永遠の日本美術展大分実行委員会

後援

大分合同新聞社、エフエム大分、月刊・シティ情報おおいた

協力 東京富士美術館
協賛 WORLD 美術(別ウィンドウで開きます)

関連イベント

(1)記念講演会 (聴講無料)
日時 10月9日(土曜日)午前11時~午後0時30分
講師 五木田聡氏(東京富士美術館 館長)
会場 研修室
定員 50名 事前申込必要。応募者多数の場合は抽選。

(2)Japan Art プリント ワークショップ
日時 10月17日(日曜日)午後2時分~午後3時
内容 若冲や北斎の作品をプリントしてオリジナルバッグをつくるワークショップ
会場 研修室
定員 20名 事前申込必要。応募者多数の場合は抽選。
対象 小学生以上(小学生は保護者同伴が必須)
参加費 300円 ※プリント素材は各自準備

(1)(2)のイベント参加ご希望の方は、往復はがき(1枚につき1イベント)に以下の内容を記入して、大分市美術館イベント係までお申込みください。 記入もれのないようお願いします。申込者以外の参加は不可。

《往信裏面》1.希望イベント名、2.参加人数、3.参加者全員の氏名・年齢(小・中学生は学年)、4.代表者の住所・電話番号、
                  5.必要な材料数((2)受講希望者のみ)
《返信表面》代表者宛先(郵便番号、住所、氏名)
*申込締切/令和3年9月15日(水曜日)(当日消印有効)

(3)展示解説(無料。但し、当日の観覧券が必要です。)
日時 10月20日(水曜日)、11月10日(水曜日) 各日ともに午後2時~午後3時
解説 当館学芸員
会場 企画展示室

関連情報

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?