ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 大分市美術館 > イベント・講座 > 開催報告 > 子ども講座 > 30年度 子ども講座 ゴールデンウィーク美術教室「指で描こうフィンガーペイント」を開催しました

更新日:2018年5月16日

ここから本文です。

30年度 子ども講座 ゴールデンウィーク美術教室「指で描こうフィンガーペイント」を開催しました

4月28日(土曜日)に大分市美術館チャイルドハウスで、ゴールデンウィーク美術教室「指で描こうフィンガーペイント」を開催しました。この講座は、フィンガーペイント専用の安心・安全な絵の具を使って指で自由に描くという内容でした。

 

 

野菜のトレイです 野菜の説明をしています
第1部は、「エコ・フィンガーペイント」を使う体験でした。この絵の具はパウダー状で、成分の95%がオーガニックの野菜・果物・植物からできた安心・安全なものです。口に入れても大丈夫なので、小さなお子さんも安心して使用できます。5色ありますが、水を入れるまではどれも白っぽいパウダーです。
まず、先生からのクイズ!「どんな野菜や果物、植物が使われてるかな?」。実際の野菜を見ながらクイズに挑戦しました。
「にんじん!」
「ほうれん草!」
みんなたくさんの答えを教えてくれました。答えは「にんじん・赤キャベツ・ほうれん草・パプリカ・ブルーベリー・ローズマリー・紫いも」です。
おもしろいね、この絵の具!
成分が分かったことろで、いよいよお水を入れていきます。普通の絵の具とは違い、優しく淡い色合いの絵の具ができましたよ。つなぎは、塩と米粉なので少しドロッとしています。5色できたかな~。お水の量で濃さを調整できます。

 

 

 名前を書きます
指に絵の具をつけて、指触りを楽しんでくれました。「わ~い、おもしろいなあ」「ベタベタするよ~」「泥みたい」
麻布を張り付けたキャンバスに自分の名前を書き、いよいよフィンガーペイントのスタートです!


グルグル描く 家族みんなで1歳です お姉ちゃんも
好きなものを描いたり、自由に模様をつけたり、指でポンポン型をつけたり・・・。フィンガーペイントは、直接自分の指を使うという特徴があるため、より子どもの感性を刺激することができますが、もちろん大人の方も楽しめます。「芸術療法」「表現法技法」とも呼ばれセラピー等で使われてもいます。
今回の最年少さんは、1歳でした。保護者の方と一緒にグルグル、ポンポンポン!家族みんなで楽しんでいる姿が見られました。

 

 

作品1 作品2
優しく、淡い色あいも美しく、そして偶然できた模様もいい感じです。自然素材のため、油絵の具で描いた作品のように耐久性はありませんが、ぜひお家に飾ってね。

 

 

しろくまくんをもらっています絵の具がきたよ

第2部は、「指絵の具 しろくまくん」を使った体験です。こちらの絵の具は、指絵の具として濃度調整をされたものです。もちろん安全基準を満たしていますので安心です。発色がよく、伸びがありツルンツルンとした不思議な指触りが特徴です。美術館スタッフに好きな色を取り分けてもらい、いざスタート!

 

 

手のひらを使ってしろくま作品
ツルンツルンと伸びるので、指の跡がそのまま表現されます。透明度も高いので絵の具の重なりも美しく表現されます。第1部とまた違った良さの作品ができました。全色混ぜたら、どんな色ができたかな~?

 

 

みんなで描こうみんなで描こう2
第3部は、1部・2部で使った絵の具を使ってみんなで大きな作品に挑戦する体験です。なかななお家では描けない大きさの紙だったので、楽しくてあっという間に時間が経ちました。この作品は、サマー企画「アート・ワンダーランド2018」会場内に展示予定です。みんな見に来てくださいね!

参加した方の感想

子ども

  • たのしかった。ありがとう。(5歳)
  • 不思議な絵の具を作るのが特に楽しかった。ぺタってするのが楽しかった。ぐちゃぐちゃしておもしろかった。(6歳)
  • 色をたくさん混ぜて、変な色になったのがおもしろかった。(4歳)
  • 楽しくて、また来たいです。(1~9歳 多数の感想)

保護者

  • 子どもにいい体験ができ、とても充実しました。次回も参加したいです。
  • 安全な絵の具を使用して、色合いのちがう2種類の絵の具を楽しめました。
  • おもいっきり指や手のひらで絵を描かせてあげられたので楽しかったです。
  • パウダー絵の具というオーガニック素材でできた絵の具は、やさしい色が出てきれいでした。
  • 家庭では絶対にできない体験ができ、子どもも初めての感触に夢中でした。ありがとうございました。

次の講座は、6月9日(土曜日)夏の美術教室「フェイスペイントで猫になっちゃお! -特別展「アートになった猫展」コラボ企画-」です。
*この講座の募集は、すでに終了しています。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?