ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 展覧会情報 > コレクション展 > 第3期コレクション展/展示室3「生誕130年 権藤種男展」をご案内します

更新日:2020年9月17日

ここから本文です。

第3期コレクション展/展示室3「生誕130年 権藤種男展」をご案内します

 

 

《自画像》 1935年

生誕130年 権藤種男展

権藤種男(1891~1954)は、1891(明治24)年、大分市生まれ。1912(大正元)年、東京美術学校図画師範科を卒業し、郷里で教職に就きますが、画家としての立身を志し、1916年、職を辞し再上京。翌年には、第11回文展で初入選を果たし、1920年、第2回帝展で首席特選、1930(昭和5)年、第11回帝展で特選となり、その後、永久無鑑査(推薦)として、官展を中心に活動しました。
1944(昭和19)年、母の看病のため帰郷。この帰郷中、東京大空襲で池袋にあったアトリエ、自宅が焼失し、官展出品作をはじめとする代表作も失いました。
終戦後は、大分にとどまり、大分県美術協会を再建、初代会長として、没年まで運営に尽力しました。
今回は、大正期から没年まで人物、静物、風景画により権藤の画業をたどります。


 

生誕130年権藤種男展
会期 9月16日(水曜日)~12月27日(日曜日)            
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日

9月23日(水曜日)、9月28日(月曜日)、10月12日(月曜日)、10月19日(月曜日)、10月26日(月曜日)、11月9日(月曜日)、11月16日(月曜日)、11月24日(火曜日)、11月30日(月曜日)、12月14日(月曜日)、12月21日(月曜日)

観覧料

一般310円(260円)、高大生210円(150円)、 中学生以下は市内市外を問わず無料

※()は20名以上の団体料金                 

※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。

※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。                 

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。

※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。    

※「CIAO!2020」展(~9月22日)、第59回「福田平八郎賞」第52回「朝倉文夫賞」大分市小・中、特別支援学校図画・彫塑展(12月4日~13日)、第69回高文連書道・写真中央展(12月17日~20日)、第72回大分県立芸術緑丘高等学校美術制作展(12月22日~27日)会期中は無料。 

会場 大分市美術館 常設展示室3

 

主な展示作品(都合により変更する場合があります)

  

 

《K氏像》1916年

 

 

  

 

 

 

《百合》1927年   

 

 

 

 《庭》1949年

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?