ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 展覧会情報 > コレクション展 > 第4期コレクション展/展示室1「『旅』と絵画」をご案内します

更新日:2021年2月15日

ここから本文です。

第4期コレクション展/展示室1「『旅』と絵画」をご案内します

 


髙山辰雄《広場のカフェ》1977(昭和52)年

「旅」と絵画

「旅」を題材とする絵画といっても、その表現方法はさまざまです。例えば「名所絵」には旅の名所を描いたものが多く、歌川広重「東海道五拾三次」は街道筋の情景を描いて旅行気分を盛り上げます。また、明治初期の浮世絵版画の中には蒸気機関車が牽引する列車が描かれるものがありますが、こうした作品は新時代の到来とともに旅のスタイルの変化を象徴的に表した名所絵の一種ともいえるでしょう。
たとえ名所でなくとも、風景画の中には画家が全国各地あるいは海外を取材して描かれたものがあります。大分出身の画家髙山辰雄は東京美術学校進学後、東京に在住して制作活動を続けますが、その髙山もヨーロッパや中国を旅したほか、故郷大分を旅して取材し、印象深い作品を残しました。
また、旅は必ずしも同時代のものだけを描くとは限りません。画家は時間を超えて古い時代の旅人や旅の様子を描くこともあります。空間だけでなく時間を「旅」する絵画もあるのです。
今回は近現代を中心として「旅」にちなんだ作品を紹介します。絵画を通して旅行気分でさまざまな場所に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
 

「『旅』と絵画」開催概要
会期 令和3年1月6日(水曜日)~4月11日(日曜日)
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 1月12日(火曜日)、1月18日(月曜日)、1月25日(月曜日)、2月8日(月曜日)、2月15日(月曜日)、2月22日(月曜日)、3月2日(火曜日)、3月8日(月曜日)、3月15日(月曜日)、3月22日(月曜日)、3月29日(月曜日)、4月6日(月曜日)
観覧料

一般310円(260円)、高大生210円(150円)中学生以下は市内市外を問わず無料

※()は20名以上の団体料金                 

※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)をすべてご覧になれます。

※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。                

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。

※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
※第55回大分市美術展開催中(3月5日~3月28日)は、無料       

会場 大分市美術館 常設展示室1

主な展示作品(都合により変更する場合があります)

  
歌川国松《横浜名勝競 内田町よりステンションの図》1880(明治13)年(部分)

 

         
松本古村《一千九百十九年渡欧記念之図》1919(大正8)年(部分)


福田平八郎《羅漢寺》1916(大正5)年頃

関連情報

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?