ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 大分市美術館 > イベント・講座 > 開催報告 > 子ども講座 > 30年度 夏の子ども講座を開催しました

更新日:2018年10月3日

ここから本文です。

30年度 夏の子ども講座を開催しました

今年度の大分市美術館の「夏の子ども講座」の様子をご紹介します。

 今年は、7月から8月までの期間に5つ(計10回)の講座を開催しました。昨年度に引き続きの人気の講座から、新しい素材をテーマにした新企画の講座までありました。

7月14日(土曜日)・15日(日曜日) けしごむハンコで作るてぬぐい

毎年、大人気の講座です。
お手本の作品を見ながら、自分で作りたいデザインを考えました。夏をテーマにしたものや、シンプルな形をいかしたもの
がありました。初めての彫刻刀体験・・・ドキドキしたかな。でも、みんなケガなく彫ることができました。

 

「けしごむハンコの様子」(PDF:210KB)

7月21日(土曜日)・22日(日曜日) 不思議な絵の具でシールを作ろう

「グラスデコ」という不思議な絵の具は、乾くと半透明の色になり窓やガラスに貼りつけることができます。
この絵の具を使って、みんな自由に作品を作りました。お家でペタペタ貼ったかな?

「不思議な絵の具でシールを作ろう」の様子(PDF:206KB)

7月28日(土曜日)・29日(日曜日) ぷよぷよ水ビーズで夏パフェ屋さん!

新企画!夏にピッタリな涼しげな作品を不思議な素材で作る内容でした。小さなビーズがお水を吸い込むと・・・不思議!ぷよぷよの
ゼリー状の玉になります。本物のパフェ容器に色を考えながらつめていき、可愛いトッピングで仕上げました。おいしそう!

「ぷよぷよ水ビーズで夏パフェ屋さん!」の様子(PDF:850KB)

8月4日(土曜日)・5日(日曜日) ジオラマワールド

こちらも新企画の講座!ミニチュアパーツと粘土を使って、自分だけの世界(風景)制作にチャレンジしました。
みんな素晴らしい作品ができましたよ。

「ジオラマワールド」の様子(PDF:165KB)

8月18日(土曜日)・19日(日曜日) はりこの犬

長年続いている、大分市美術館ボランティア「こもれ美」ワークグループのみなさんによる講座です。
新聞紙でこんなに可愛い作品ができました。ひんやりした液体状のボンドを手でペタペタする場面もあり、日頃なかなか
お家で体験できないことができたのではないでしょうか。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?