ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > イベント・講座 > 開催報告 > 美術館で音楽会 > 29年度「美術館で音楽会」を開催しました

更新日:2017年12月3日

ここから本文です。

29年度「美術館で音楽会」を開催しました

大分市美術館では11月11日、18日、23日、25日、12月3日(計5日間)、10組の出演者の演奏による「美術館で音楽会」を開催しましたので、その様子を紹介します。

11月11日(土曜日)

午前11時~ ローズウッド

リコーダーと電子チェンバロのデュオグループ。クラシックからポピュラーまで幅広いレパートリーで演奏していただきました。リコーダーといってもさまざまな大きさがあり、音色も違います。「リベルタンゴ」では、普段なじみのあるリコーダーの優しい音色とはまた違った迫力ある演奏を披露していただきました。また、電子チェンバロの優雅で繊細な音色も心地よく、明るい光の差し込む展示室での素敵な音楽会となりました。

ローズウッド演奏会の様子 ローズウッド演奏会の様子2 ローズウッド演奏会の様子3

午後2時30分~ かいとけな

今回「美術館で音楽会」に出場するために結成された声楽とピアノの大学生グループ。優美で深みのあるソプラノと力強く高らかな響きのテノールで会場を魅了しました。出演者直筆の作曲家ドニゼッティのイラストとともに豆知識なども披露していただき、最後には演奏会の日にちなんで会場のみなさんにプレゼントも。明るく楽しい雰囲気の音楽会となりました。

かいとけな演奏会の様子1 かいとけな演奏会の様子2 かいとけなの写真

11月18日(土曜日)

午前11時~ Mars(マーズ)

ギター&コントラバスのデュオバンド。ジャズを中心にクラシックや映画音楽まで幅広く披露していただきました。心地良いサウンドに大人だけでなく、ちいさな子どもさんも聞き入っていました。会場からのリクエストに応えて、即興で「TAKE FIVE」も演奏していただき、会場は盛り上がりました。

マーズ演奏会の様子 マーズ演奏会の様子2 マーズ演奏会の様子3

午後2時30分~ 西真地咲筝曲教室アンサンブル

箏と尺八による演奏で「月の砂漠」「届かぬ想い」「上弦の月」などを披露していただきました。小学生のジュニアアンサンブルによる可愛らしい演奏もありました。また、演奏会最後の「情熱大陸」は、力強い音色に邦楽器ならではの趣も加った迫力ある演奏となりました。

筝曲アンサンブル演奏会の様子1 筝曲アンサンブルの写真2 西真地咲教室演奏会の様子1

11月23日(木曜日)

午前11時~ 宮田 Jazz ピアノトリオ with Friends

平均年齢22.5歳の若者Jazzバンドによる演奏。美しく紅葉した上野の森を背景に「ノルウェイの森」上野の森バージョンや「Beauty&The Beast(美女と野獣)」、「On the Sunny Side of the Street」など馴染みのある曲を次々と披露していただきました。あっという間の45分間で、最後はアンコールにも応えていただきました。

ピアノトリオ演奏会の様子 ピアノトリオ演奏会の様子2 ピアノトリオの写真

午後2時30分~ フルート・オカリナアンサンブル「ポラーノ」

8人の息の合った演奏でさまざまな曲を披露していただきました。メンバー紹介では、「サンタクロースにお願いしたいもの(こと)」をテーマにそれぞれのコメントも紹介され、会場の笑いを誘っていました。演奏会の最後の「365歩のマーチ」では、お客様も歌を口ずさみ一緒に盛り上がりました。

ポラーノ演奏会の様子1 ポラーノの写真2 ポラーノ演奏会の様子3

11月25日(土曜日)

午前11時~ Mandy

声楽とピアノによる演奏。新国立劇場でのオペラなどにも出演経験のあるYUKAさんが歌い上げる「夜の女王のアリア」(モーツァルト「魔笛」より)は圧巻でした。ピアノのMINORIさんと息のあった演奏で、ミュージカル曲や童謡、さらに絵本リーディングも披露していただき、小さなお子さんも熱心に聴き入っていました。

マンディ演奏会の様子 マンディ演奏会の様子2 マンディの写真

午後2時30分~ 甲斐 康彦

ギターによる「フラジャイル」や「禁じられた遊び」、ウクレレ独特のやわらかな音色で奏でられる「きよしこの夜」や「スイートメモリーズ」など、ソロギターとソロウクレレの美しい音色に魅了されました。珍しいマンゴーの樹でできたウクレレによる演奏も披露していただきました。

甲斐康彦演奏会の様子1 甲斐康彦演奏の様子2 甲斐康彦演奏会の様子3

12月3日(日曜日)

午前11時~ La voix du ciel

フルートとファゴットというちょっと珍しい組み合わせのデュオグループ。ファゴットとフルートの美しいハーモニーでクラシックや映画音楽などを披露していただきました。馴染みのあるディズニーやジブリメドレーもあり、お客様はじっくりと耳を傾けていました。

シエル演奏会の様子 シエル演奏会の様子2 シエルの写真

午後2時30分~ ポーコ・ア・ポコ

大正琴のグループ。和のイメージのある大正琴ですが、「カンツォーネメドレー」「ありがとう」「粉雪」などさまざまなジャンルの曲を披露していただきました。それぞれの楽器が響きあい、素敵なハーモニーが生まれます。また、演奏する楽曲のイメージに合わせて途中で衣装替えの演出もありました。

ポーコ・ア・ポコ演奏会の様子1 ポーコ・ア・ポコ演奏会の様子2 ポーコ・ア・ポコの写真

来年度の「美術館で音楽会」もどうぞお楽しみに!

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?