ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > イベント・講座 > 開催報告 > 子ども講座 > 28年度 子ども講座 ゴールデンウィーク美術教室「コロコロぴかぴか☆どろだんご」を実施しました

更新日:2016年5月20日

ここから本文です。

28年度 子ども講座 ゴールデンウィーク美術教室「コロコロぴかぴか☆どろだんご」を実施しました 

「コロコロぴかぴか☆どろだんご」看板の画像 どろだんごの画像

4月29日(金曜日)・30(土曜日)に大分市美術館のチャイルドハウスで、ゴールデンウィーク美術教室「コロコロぴかぴか☆どろだんご」を行いました。

「芯用つち(粘りのある土の粉)」と「さらこな(目の細かい土の粉)」で作るぴかぴかのどろだんごづくり。2時間の講座では、ぴかぴかに磨きあげるところまではできませんでしたが、参加されたみなさんはきっと、お家で今頃ぴかぴかのどろだんごに仕上げていることでしょう。家族で楽しく、協力して作ることができたようで、その様子を画像で紹介します。

参加者の画像

会場は、大分市美術館のチャイルドハウス。2日間とも応募が多く、抽選により当選された方々が参加しました。

大きな鯉の飾りの画像

受付の画像

チャイルドハウスでは、ボランティア「こもれ美」のワークグループのみなさんと大きな鯉の飾りがお出迎え。

 

どろだんご参考作品の画像

どんな作品ができるかな~。参考の作品をじっくり見ていました。

水の画像制作風景の画像1

制作風景の画像2

土の粉に水を入れて、ギュッギュッと1つのかたまりにしていきます。ここは、お水をもらう「お水屋さん」。

制作風景の画像3 制作風景の画像4 制作風景の画像5

ギュッ、ギュッ・・・かたまりになってきました。

制作風景の画像6 制作風景の画像7制作風景の画像8 制作風景の画像9

制作風景の画像10 制作風景の画像11

ま~るくなっただんごに「さらこな」をつけていきました。だんごの水分を吸い取るので、何度もなんどもつけていきます。

制作風景の画像12 制作風景の画像13 制作風景の画像14

乾燥前のどろだんごの画像「さらこな」が全体についたら、20~30分乾かします。

その間、ボランティアさんによる「土(泥)体験」!

制作風景の画像15 制作風景の画像16 制作風景の画像17

制作風景の画像18 制作風景の画像19 

制作風景の画像20 制作風景の画像21

乾いたら、ガラスやプラスチックで表面をこすっていくと、少しずつぴかぴかになっていきました。お家でも磨いていってくださいね。

完成作品とこどもの画像

大分市美術館では、このような子ども講座を今後も予定しています。みなさんの参加をお待ちしています!

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?