ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > イベント・講座 > 開催報告 > 子ども講座 > 平成26年 夏の子ども講座を開催しました

更新日:2014年10月28日

ここから本文です。

平成26年 夏の子ども講座を開催しました

大分市美術館 夏の子ども講座の様子を紹介します

今年は943人の参加がありました。どの講座も見せ合いや発表などでコミュニケーションができ,

和気あいあいとして楽しい雰囲気になりました。

完成した作品を手に、みなさんが笑顔で喜ぶ姿が見られました。

美術館で過ごした夏のひとときはいかがだったでしょうか。

7月12日(土曜日)・13日(日曜日)風をつくろう うちわづくり

和紙を「折り染め」という方法で染めたものを竹でできたうちわの骨にはります。

染めた和紙を乾かす間に、竹を割る実演をみました。

うちわは縁をはるのがむずかしく苦戦していましたが、

完成したうちわは、とてもいい風を作ってくれました。

和紙をていねいに折ります

和紙を染めています

竹の割り方を見ています

風にそよぐ和紙

うちわの縁を貼っています

うちわの完成

7月19日(土曜日)・20日(日曜日)風の声をきく ウインドベル

毎年、大人気の講座です。

粘土にカラーペンで色を混ぜて好きなウインドベルを作りました。

みんなで外に飾ったウインドベルは上野の森の風の声をきかせてくれました。

白い粘土にペンで色をつけています

丸くなってきたよ

器用にバラを作って飾ります

かわいい犬のウインドベル

かわいい金魚です

妖怪ウォッチのキャラクターできた

完成したら外で乾燥させます

お気に入りができました

みんなのウインドベル いい音色です

7月24日(木曜日)・25日(金曜日)風を見つけよう うきうきモビール

好きなモチーフをたくさん作って、モビールを作りました。

上野の森の木の枝にバランスをよく結ぶところが苦労しました。

協力して完成したモビールは風を受けてゆらゆらゆれてみている人をうきうきさせてくれました。

ぶら下げるものを色粘土で作ります。

こんなのができたよ

集中して細かい作業中

かわいいモチーフができました

丈夫に作るにはボンドが重要

枝を吟味します

バランスよく下げるのがむつかしいね

完成!!力作です。

森の風にゆらゆら揺れています。

7月31日(木曜日)・8月1日(金曜日)はりこの犬

今年で5回目となる、企画です。

おなじ作り方ですが、作る人によって表情が違い、

「今回で3回目の参加です。」というファンもいる講座です。

犬以外の作品にもチャレンジをしたいと作り方を聞いて帰る人もいました。

今年もにぎわっています

芯はむつかしいね

うまくできているかな

思わず立ち上がって新聞をはっています。

私を見ているみたい

できたよ!はりこの犬

8月7日(木曜日)・8日(金曜日)マイロボット

たくさんの木切れの中から部品を探してマイロボットを作ります。

おうちの方も子どものころに戻ったみたいに真剣です。

たくさん会話をしながらマイロボットを作りました。

完成したら自分のロボットが「できること」や「してくれること」を発表しました。

まずは部品を選びます

うう~ん、どれにしよう

よし!これにしよう

完成を予想して選んでいます。

のこぎり、むつかしいよ。

かわいいロボくん

お話を聞いてくれる優しいロボットです

ロボットと同じポーズ

胸にイニシャルをつけています

9月6日(土曜日)・7日(日曜日)大切な人に贈るカード

敬老の日に贈るポップアップカード(とび出すカード)をつくりました。

世界で一つしかないオリジナルのカードです。

もらった人の喜ぶ顔を思い浮かべながらつくりました。

みなさんとても素敵なカードになりました。

とび出すしくみをみんなで見ます。

器用にとび出す部品を作っています

メッセージも書きます

協力して作ります。

とび出しているよ

贈られてうれしいカードができました。

大分市美術館ではこれからも、たくさんの講座を予定しています。みなさんの参加を楽しみにお待ちしています。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?