更新日:2011年3月29日

ここから本文です。

22年度 特別展4「秋山庄太郎 花逍遙-366日展」

チラシ表の画像

秋山庄太郎 花逍遙-366日展

戦後間もなく写真家としての道を歩み始めた、秋山庄太郎(1920-2003)。女性の魅力を独特の感覚で引き出すポートレートで幅広い人気を博し、わが国写真界で最も注目される写真家となりました。表紙撮影を担当した週刊誌や月刊誌は売上部数を伸ばし、最盛期には手がけた定期刊行物は30誌に及んでいます。

一方、1960年の渡欧を契機に「花」の魅力に強く惹かれるようになり、1965年頃から没年に至るまで、ライフワークとして「花」の「美」の具現化に挑み続けました。スタジオでは、生け花の素養を活かしながら緻密な描写で「花」の造形美に迫り、屋外では、35mm一眼レフカメラの機動性を活かして、移ろいゆく自然の中に佇む「花」の一瞬の情緒美を捉えました。

こうした秋山写真芸術の集大成となったのが、晩年に取り組んだ「365日シリーズ」です。1990年の第1作《花-365日》から1997年の最終作《薔薇よ!Rose365》まで全6作に及ぶ同シリーズは、それぞれ「花」を主体に約365点の作品で構成され、いずれも大きな反響を呼びました。

本展では、この「365日シリーズ」の中から、1993年に発表された《花逍遙-366日》の全作品を一堂に展示。国内外で捉えた四季の「花」や「風景」作品を通じて、秋山が晩年に達した「美」の境地を紹介しました。

【会期】平成22年9月8日(水曜日)~10月17日(日曜日)

【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

【休館日】9月13日(月曜日)、21日(火曜日)、27日(月曜日)、10月12日(火曜日)

【観覧料】一般800(600)円/高校生・大学生600(400)円
※中学生以下は市内、市外を問わず無料です。
※()内は団体(20人以上)料金です。
※上記観覧料で、常設展も併せてご覧いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。

【会場】大分市美術館/企画展示室1、2

【主催】大分市美術館、大分合同新聞社

【後援】NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、OCT大分ケーブルテレコム

【協力】秋山庄太郎写真芸術館、秋山庄太郎写真芸術協会

【展示作品】秋山庄太郎《花逍遙-366日》

【講演会】

  • 第1回
    日時/平成22年9月8日(水曜日)午後1時30分~3時
    講師/上野正人氏(秋山庄太郎写真芸術館長)
    テーマ/秋山庄太郎と写真芸術
    場所/大分市美術館ハイビジョンホール
    参加者/166人(講演会後の展示解説参加者38名を含む)
  • 第2回
    日時/平成22年9月17日(金曜日)午後1時30分~3時
    講師/大崎輝彦氏(大分県美術協会写真部会長)
    演題/秋山庄太郎の思い出
    場所/大分市美術館ハイビジョンホール
    参加者/103人(講演会後の展示解説参加者24名を含む)

【展示解説】
日時/会期中毎週水曜日午後2時~(1時間程度)
場所/企画展示室
のべ参加者/79人

【観覧者数】6,632人

チラシ裏の画像

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?