ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和3年度発表分 > 9月(令和3年度発表分) > テーマ展示2.「むかしなつかし 大分の鉄道」に併せて、米軍が撮影した大分駅周辺の映像を公開します

ここから本文です。

報道発表資料

テーマ展示2.「むかしなつかし 大分の鉄道」に併せて、米軍が撮影した大分駅周辺の映像を公開します

  • 発表日:令和3年9月6日
  • 担当課:文化財課 歴史資料館
  • 担当者:松浦・塩地
  • 電話番号:097-549-0880(内線2165)

大分市歴史資料館では、令和3年度テーマ展示2.「むかしなつかし 大分の鉄道」を開催中です。
展示に併せて、1946(昭和21)年4月12日に米軍機(B-29)で上空から撮影した大分市街地一帯の映像を、9月14日(火曜日)から期間限定で公開します。

 内容

この映像は、第二次世界大戦の終戦から約8カ月後の1946(昭和21)年4月12日に、米軍機(B-29)で、上空から撮影したものです。

大分駅

旧大分駅周辺

 

映像からは、当時の日豊本線の沿線や、大分市街地の様子を知ることができます。その中でも、大分駅に隣接する扇形機関車庫は全体がはっきりと分かるように撮影されており、展示中の「大分停車場構内扇形機関車庫写真帖」と併せてお楽しみいただけます。

機関車庫
扇形機関車庫

※本映像は米国立公文書館が所蔵しているものであり、新名悠由氏(大分市役所)から提供を受け、大分市歴史資料館において短く編集し、公開するものです。

タイトルボード
タイトルボード

公開期間

9月14日(火曜日)~10月17日(日曜日)

公開場所

大分市歴史資料館 2階展示室

※午後4時30分までにご入場ください。

※2階展示室への入場および展示の観覧には観覧料が必要です。

同時開催の展示会

2021年度第2回テーマ展「むかしなつかし大分の鉄道」

開催期間:7月17日(土曜日)~10月17日(日曜日)

場所:2階テーマ展示室

※詳細「むかしなつかし大分の鉄道」(別ウィンドウで開きます)

取材について

取材のためご来館になる際は、事前に当館へご連絡ください。

電話 097-549-0880

メール rekisisiryo@city.oita.oita.jp

大分市歴史資料館

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

大人210円(団体150円)、高校生100円(団体50円)、中学生以下無料、※団体は20人以上、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は無料(入館時に受付で手帳を提示してください)。

アクセス

  • JR久大本線「豊後国分駅」から徒歩約2分
  • 東九州自動車道「大分インターチェンジ」および「光吉インターチェンジ」からともに自動車で約15分

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部文化財課歴史資料館

大分市国分960番地の1

電話番号:(097)549-0880

ファクス:(097)549-5766

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る