ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 生涯学習 > 市民図書館 > 2022・第64回「こどもの読書週間」が始まります

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

2022・第64回「こどもの読書週間」が始まります

2022・第64回こどもの読書週間標語「ひとみキラキラ、本にどきどき」

子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日~14日)でしたが、子どもの読書への関心の高まりを受けて、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)~5月12日に期間を延長しました。開始当時より、図書館・書店・学校を中心に、子どもたちに本を手渡すさまざまな行事が行われてきました。
幼少のときから書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知り、ものごとを正しく判断する力をつけておくことが、子どもたちにとってどんなに大切なことか……。子どもに読書を勧めるだけでなく、大人にとっても子どもの読書の大切さを考えるとき、それが「こどもの読書週間」です。

(公益社団法人 読書推進運動協議会ホームページより引用)

市民図書館では、次のイベントを開催します。ぜひ、ご家族そろってお越しください。

人形劇「あかずきんちゃん」

熊本市の劇団ぱれっとが、昔話『あかずきんちゃん』を上演します。

 

日時 2022年5月7日(土曜日)、午後1時30分開場、午後2時開演
場所 コンパルホール3階多目的ホール
演者 劇団ぱれっと
定員 100人(要整理券)
入場料 無料
整理券

令和4年4月15日(金曜日)より、大分市民図書館2階中央カウンター・コンパルホール分館で配布します。
なくなり次第終了です。

 

あかずきんちゃん

 

こどもの日「おはなし会」

絵本や紙芝居など、おはなしの世界を楽しめるおはなし会を開催します。
おはなし会中は、自由に出入りができます。

 

日時

2022年5月5日(木曜日)1.午前11時から30分程度 2.午後2時から30分程度

場所

1.大分市民図書館コンパルホール分館 階段式読書コーナー

2.大分市民図書館(J:COMホルトホール大分内)2階おはなしのへや

※場所により時間が異なります。

演者 大分市民図書館スタッフ
入場料 無料

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部社会教育課大分市民図書館

電話番号:(097)576-8241

ファクス:(097)544-5615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る