ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 10月(令和元年度発表分) > 「おおいた人権フェスティバル2019inJ:COMホルトホール大分」を開催します

ここから本文です。

報道発表資料

「おおいた人権フェスティバル2019inJ:COMホルトホール大分」を開催します

  • 発表日:令和元年10月25日
  • 担当課:社会教育課
  • 担当者:工藤・西山
  • 電話番号:097-537-5722(内線2046)

大分市では、「大分市人権教育・啓発基本計画」に基づき、部落差別をはじめとするあらゆる差別の撤廃に向けて、年間を通してさまざまな取り組みを行っています。今回は、J:COMホルトホール大分で「おおいた人権フェスティバル」を開催します。多くの市民の皆さんに人権の大切さについて考えてもらうため、小さなお子さんから大人まで楽しめる内容となっています。

日時

11月2日(土曜日)午前10時~午後3時

場所

J:COMホルトホール大分(大ホール、小ホール、エントランスホール)

内容

大ホール(午後0時30分~2時40分※正午会場)

【ステージ発表プログラム】

  • 大分雄城台高校書道部
  • ユニークダンスシアター
  • キズナーズステージ
  • こども小潮太鼓
  • ザ・キャビンカンパニーえほんおはなし会

小ホール

「ザ・キャビンカンパニー」によるワークショップ(午前10時~正午)

ワークショップの様子 タイトル『生まれよ!ガシガシだいおういか』

「ザ・キャビンカンパニー」さんの絵の描き方を体験します。

参加人数:30人(申込受付済)

「ボッチャ」体験(午前10時~午後3時)

2020年東京パラリンピック競技種目である「ボッチャ」の体験ができます。

エントランスホール

  • ふれあい体験コーナー(大切な人に思いを伝える「絆カード」作り、けん玉体験など)
  • 人権について学び考えることができるパネル展示コーナー
  • 盲導犬について学べるコーナー(盲導犬にあえる時間:午前10時~11時、正午~午後1時)

入場料

無料

その他

大ホールでのステージ発表には、手話通訳があります。
「ザ・キャビンカンパニーえほんおはなし会」の後に、サイン会があります。

参考

 キャビンカンパニーの写真「ザ・キャビンカンパニー」
    阿部健太朗と吉岡紗希による二人組の絵本作家。ともに大分県生まれ。大分県由布市内にある廃校を制作拠点とし、絵本、立体造形、アニメーションなどさまざまな表現方法を使い、独自の世界観を生み出している。TURNER AWARD 2010未来賞、第7回日本童画大賞準優勝受賞。主な著書に『だいおういかのいかたろう』(鈴木出版/第20回日本絵本賞読者賞受賞)『しんごうきピコリ』(あかね書房/第23回日本絵本賞読者賞受賞)など他多数。

ダウンロード

おおいた人権フェスティバル2019チラシ(JPG:1,427KB)

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部社会教育課 

電話番号:(097)537-5649

ファクス:(097)532-8102

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る