ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 生涯学習 > 公民館・生涯学習施設 > 指差しコミュニケーションボード【大分市公民館編】を作成しました

更新日:2022年5月10日

ここから本文です。

指差しコミュニケーションボード【大分市公民館編】を作成しました

大分市社会教育委員会では、「障がいのある人が生涯にわたり学び続けることのできる社会の実現に向けて~『障がいのある人の生涯学習』につながる具体的な取組~」をテーマに2年間かけて研究協議し、令和4年3月に報告書が完成しました。

本報告書の中で、聴覚に障がいのある人等とのコミュニケーションツールとして、イラストを用いて意思疎通できる「指差しコミュニケーションボード【公民館編】」の作成について提言されました。これを受けて、大分市地区公民館職員および障害福祉課との協議を経て、「指差しコミュニケーションボード【大分市公民館編】」を作成しました。

このボードは、大分市地区公民館窓口に設置するとともに、ダウンロードができます。

必要に応じて、パソコンやタブレット、スマートフォンなどにダウンロードしたり印刷したりして活用してください。

ダウンロード

指差しコミュニケーションボード【大分市公民館編】(PDF:3,047KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部社会教育課 

電話番号:(097)537-5722

ファクス:(097)532-8102

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る