ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 11月(令和元年度発表分) > 「おおいた人権フェスティバル2019」人権講演会を実施します

ここから本文です。

報道発表資料

「おおいた人権フェスティバル2019」人権講演会を実施します

  • 発表日:令和元年11月22日
  • 担当課:社会教育課
  • 担当者:工藤・西山
  • 電話番号:097-537-5722(内線2046)

大分市では、「大分市人権教育・啓発基本計画」に基づき、部落差別をはじめあらゆる差別の撤廃に向け、「おおいた人権フェスティバル」を開催し、「地域に住むさまざまな人々の相互理解と地域社会への参加促進」が図られるよう、年間を通じて人権講演会や啓発イベントなどを行っています。
今回は、12月4日から10日の人権週間の一環として、下記のとおり「おおいた人権フェスティバル2019 人権講演会」を実施します。

講演会

  • 11月29日(金曜日)
    演題:「部落問題と向き合う私たち」石井夫妻
    講師:石井千晶さん・石井眞澄さん

    時間:午後2時~3時30分(開場:午後1時30分)
    場所:旭町文化センター(大会議室)
    定員:150名(当日先着順)
    〔プロフィール〕
    被差別部落で育った千晶さんと親に部落出身者と付き合うことを反対された眞澄さん。そんな二人が出会い、やがて、結婚。その後二人は自身の部落差別にまつわる経験を若い世代を中心に、さまざまな人たちに伝えたいと各地で講演活動をしている。
  • 11月30日(土曜日)
    演題:「えらい(しんどい)けど 出かけよう~大切なことの再確認」
    講師:木村絹子さん・木村奈菜子さん(絹子さんの孫)

    時間:午後2時15分~3時45分(開場:午後1時30分)
    場所:明治明野公民館(集会室)
    ※午後2時から開会行事を行います。
    定員:300名(当日先着順)
    〔プロフィール〕
    米子市役所 人権政策課  
    元父母会会長(※父母会とは、保護者、教員、行政職員が集う学びの場)
    米子市人権教育推進員として就学前教育部会・小学校・中学校・高等学校・地域等で講演活動を行っている。
  • 12月1日(日曜日)
    演題:「TEARS(涙)」※一人芝居武石さん
    講師:劇団「一人ぼっち」さん

    時間:午後2時~3時30分(開場:午後1時)
    ※午後1時30分から野津原地区で募集した「差別をなくす人権標語・ポスター」優秀賞の表彰式を行います。
    場所:野津原公民館(集会室)
    定員:200名(当日先着順)
    〔プロフィール〕
    元福岡市人権啓発講師団。
    29歳で公務員に転職。60歳を機に玖珠町に帰郷。
    ハンセン病・HIV・いじめ・障がい者・ そして部落差別等をテーマにした芝居を通して、 命と人を愛することの大切さを伝えている。 2019年8月末現在 講演回数270回
  • 12月7日(土曜日)
    出演:劇団希望舞台
    演目:「釈迦内柩唄(しゃかないひつぎうた)」
    講話:有馬理恵さんによる人権講話

    時間:午前10時10分~正午(開場:午前9時)
    ※午前9時45分から大在地区で募集した「よい子・愛のひとこと標語」の表彰式があります。
    場所:大在公民館(集会室)
    定員:400名(当日先着順)

    〔劇団希望舞台のプロフィール〕
    1985年、統一劇場の創立20周年を機に分離独立して劇団を立ち上げる。誰にでも親しまれる「現代の芝居」を求めて、身近な生活を題材に、暮らしの中の悲しみや辛さを温かい笑いに変えて、日本人の笑いと涙、生きることへの渇望を表現している。1年の大半を地方公演に費やし、公演に必要な全ての仕事を劇団員全員で協力して行っている職業劇団である。

    〔有馬理恵さんプロフィール〕
    和歌山県生まれ。劇団俳優座所属。
    高校時代に「釈迦内柩唄」(水上勉作、浅利香津代主演)を観て衝撃を受け、芝居の道へ。1992年俳優座入団。「山彦ものがたり」、「憲法ミュージカル」など数多くの作品に出演しつつ、1999年より「釈迦内柩唄」をライフワークとして各地で主演。その数は500ステージに及ぶ。

入場料

無料

取材について

取材を希望される場合は、前日までにご連絡ください。
11月29日(金曜日)、30日(土曜日)、12月1日(日曜日)の講演については、社会教育課(097-537-5722)まで
12月7日(土曜日)の講演については、人権・同和対策課(097-537-5618)まで

その他

 全ての会場に手話通訳があります。
12月7日(土曜日)は無料託児があります。(託児希望者は、事前に097-537-5618 人権・同和対策課まで)

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部社会教育課 

電話番号:(097)537-5649

ファクス:(097)532-8102

福祉保健部人権・同和対策課

電話番号:(097)537-5618

ファクス:(097)537-0032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る