ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 2018年度(平成30年度)発表分 > 10月(2018年度(平成30年度)発表分) > 跡地利用に係るサウンディング型市場調査を実施します(野津原地区)

ここから本文です。

報道発表資料

跡地利用に係るサウンディング型市場調査を実施します(野津原地区)

  • 発表日:平成30年10月31日
  • 担当課:学校施設課
  • 担当者:平松・吉広・佐藤
  • 電話番号:097-537-5647(内線2023)

本市では、廃止となったいまいち山荘および廃校となった小学校の校舎およびグラウンドの建物と土地を有効に活用し、地域の活性化や交流人口の増加に向けた跡地利用を検討しています。今回、事業者の皆様から跡地利用について幅広くご意見・ご提案をいただき、跡地利用の市場性、公募条件等を判断することを目的としたサウンディング(対話)型市場調査を実施します。

目的

大分市(以下「本市」という)では、廃止となったいまいち山荘と廃校となった小学校の校舎、グラウンド(以下「校舎等」という)の建物と土地を有効に活用し、地域の活性化や交流人口の増加に向けた跡地利用を検討しています。今回、皆様から跡地利用について幅広くご意見・ご提案をいただき、跡地利用の市場性、公募条件等を判断することを目的としたサウンディング(対話)型市場調査を実施します。

実施スケジュール

  1. 募集開始:10月30日(火曜日)
  2. 質疑受付期間:10月30日(火曜日)~11月9日(金曜日)
    ※回答は11月1日(木曜日)より随時ホームページにて公開します。
  3. 現地見学会:11月21日(水曜日)※参加のご連絡は前日までに電話(学校施設課宛)にてお願いします。
  4. 対話の申込み:11月16日(金曜日)~12月3日(月曜日)
  5. 対話の期間:12月10日(月曜日)~12月21日(金曜日)
    ※市役所会議室で30分~60分程度。

対話内容

 野津原地区の跡地利活用について、以下のような内容を皆様よりご意見をいただきたいと考えております。

  1. 当該施設・土地や周辺施設のイメージや印象
  2. 該当施設・土地の利活用の考え方
  3. 利活用による地域貢献や利点について
  4. 望ましい管理・運営体制について
  5. 近隣施設(大分川ダム道の駅等)との連携について
  6. 今回利活用案を募集している施設同士の連携で有効的な案について
  7. 望ましい契約期間について(貸借の場合)
  8. その他ご意見・ご質問等

ダウンロード

実施要領(PDF:768KB)

施設概要(旧野津原中部小学校)(PDF:749KB)

施設概要(旧野津原西部小学校)(PDF:731KB)

施設概要(旧今市小学校)(PDF:598KB)

施設概要(旧いまいち山荘)(PDF:680KB)

野津原地域概要(PDF:600KB)

エントリーシート(ワード:28KB)

ヒアリングシート(ワード:30KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部学校施設課 

電話番号:(097)537-5647

ファクス:(097)532-4592

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る