更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

学区外就学許可

大分市では、小中学校および義務教育学校の通学区域を定めており、住所によって指定された学校に通学するのが基本です。
しかし、児童・生徒に特別の事情がある場合や、住所と居所がやむを得ない事情で異なる場合には、保護者からの申し立てにより、指定された学校以外への通学を特別に許可しています。これを「学区外就学許可」といい、学校教育課で手続きが必要です。

手続きの際は、「本人確認のできる身分証明書」と、下記の「必要な書類」をお持ちください。※各支所・学校では手続きできません。

学区外就学許可申請後、「学区外就学許可書」を発行しますので、学区外就学をする学校へ必ず提出してください。また、下記以外で、その他やむを得ない事情があり学区外就学許可が必要な方は、学校教育課に事前にご相談ください。

事例

(1)在学途中に大分市内で引っ越したが、引き続き前の学校に通いたい場合

市民課もしくは各支所に転居届を提出すると、その窓口で「入学通知書」をもらいますので、その後学校教育課で手続きしてください。

(必要な書類)「入学通知書」

(2)大分市内で引っ越し予定だが、事前に引っ越し後の住所地の学校に通いたい場合

転居予定の日付を含む学年初めから転居日までの間、事前に学区外就学で転居予定地の指定校へ通うことができます。

(必要な書類)転居予定日と転居先の住所を証明する「建築確認申請書」「建築請負契約書」「家屋売買契約書」「賃貸借契約書」等の書類の写し。

(3)帰宅後に保護者等監督者が不在で、児童預かり先校区の学校に通いたい場合(※小学校・義務教育学校の1~6年生に限る)

(必要な書類)同居する18歳以上全員の「勤務証明書」(または「営業(自営)証明書」等、監督者が不在であることの証明書)および「児童預かり証明書(預かり先校区の校長の署名が必要)」
※各証明書の様式はページ下部から印刷できます。また、学校教育課にも設置しています。

(4)兄姉等が通っている指定校以外の学校へ通いたい場合

兄姉等が何らかの理由で指定校以外の学校へ在籍している場合、弟妹等も学区外就学で兄姉等と同じ学校へ通うことができます。また、兄姉等の卒業と入れ替わりで弟妹等が入学する場合も同様に通うことができます。

※令和3年9月より、許可事項に追加されました。

(5)病院内学級(大分県立病院内のみ設置)

  • 大分市立南大分小学校 友愛(ゆうあい)学級 【電話・ファクス097-546-7208】
  • 大分市立南大分中学校 ほほえみ学級 【電話097-546-7249、ファクスは小学校と同じ】

〒870-8511大分市豊饒2-8-1
大分県立病院 4階西小児病棟内

(必要な書類)上記病院にある「院内学級就学願」(病院で必要事項を記入してもらう)

リンク

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部学校教育課 

電話番号:(097)537-5903

ファクス:(097)532-2281

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る