ホーム > 環境・まちづくり > 道路・交通 > バイシクルフレンドリータウンの創造 > 60歳以上の市民を対象に電動アシスト自転車を無料で貸し出します

更新日:2020年7月22日

ここから本文です。

60歳以上の市民を対象に電動アシスト自転車を無料で貸し出します

目的

電動アシスト自転車は、体力、膝、腰に負担が少なく、こぎ出しや坂道も楽に走れるなどの機能性と安全性を有していることから、坂道の多い地形特性や高齢社会にも対応し得る移動手段として、重要な役割を果たすことが期待されています。
このようなメリットを有する電動アシスト自転車の普及促進を図ることにより、自転車利用の促進はもとより、自動車から自転車利用へのシフトを促進するとともに、環境負荷の軽減と市民の健康増進を図ることを目的として電動アシスト自転車の貸し出しを実施します。

事業概要

  • 市が利用者の方に対して電動アシスト自転車を無料で貸し出します。
  • 貸し出しをする電動アシスト自転車には、移動距離や走行軌跡を確認できるGPSロガー機器を搭載し、GPSデータにより移動形態、距離等の収集・分析を行い、市における自転車施策への活用について検証します。
  • 自転車貸し出しの前後に大分市が指定する機関にて健康診断と体力測定を行い、健康面・体力面における自転車利用の効果を検証します。

対象者

  • 大分市内に住所を有する令和2年4月1日時点で60歳以上の方
  • 市が定める貸出要件に同意いただける方

  • 住所が原則としてJRの駅から実移動距離が1キロメートル圏外である方

※駅から1キロメートル圏内であっても、自転車利用の主たる用途や実態等により対象者と認める場合があります。一度、都市交通対策課へご相談ください。

(参考)鉄道駅から1キロメートルの範囲(PDF:229KB)

貸出要件

  • 自転車乗車時のヘルメット着用
  • 自転車安全講習会の受講
  • 健康診断・体力測定の受診とその結果の提供
  • 走行記録取得への同意および結果データの提供
  • アンケートその他電動アシスト自転車の普及活動等への協力

※詳しくは利用規約に記載しておりますのでご確認ください。

貸出期間

令和2年10月~令和3年2月の5カ月間

定員

60名

※定員を超えた場合は市で利用者の選定を行います。

※ひとり一台までの貸し出しを上限とします。

利用料

無料

令和2年度スケジュール

7月22日~8月31日 貸出利用者の申込
9月初旬~中旬 自転車安全講習会の開催
9月中旬~下旬 事前の健康診断・体力測定の実施
10月上旬~令和3年2月下旬

自転車の利用(自転車の貸出)

 3月

事後の健康診断・体力測定の実施,事業報告会の開催

 

利用申込期間

7月22日(水曜日)から8月31日(月曜日)

※午後5時15分必着

利用申込方法

「大分市 電動アシスト自転車普及促進事業利用規約」をご確認いただき、利用申込書に必要事項を記入し、大分市都市交通対策課まで郵送または持参で提出してください。

また下記のリンクからも利用申し込みが可能です。

提出先

〒870-8504

大分市荷揚町2番31号 大分市都市交通対策課 自転車総合対策担当班

その他

  • 自転車用ヘルメットは市から貸与します。
  • 利用者の自転車貸出期間中の傷害保険、損害賠償保険は市が加入します。
  • 自転車の最低身長要件を満たさない、安全に利用できる技量がない、または健康診断と体力測定の結果により自転車に乗ることを推奨できないと認められる場合は、自転車の利用が認められないことがあります。
  • 貸出期間中に生じる修理費および電動アシスト自転車のバッテリー充電のための電気代は利用者負担となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部都市交通対策課 

電話番号:(097)537-5690

ファクス:(097)536-7719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る