ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和3年度発表分 > 11月(令和3年度発表分) > 自動車ドライバー向けの街頭啓発活動を実施します

ここから本文です。

報道発表資料

自動車ドライバー向けの街頭啓発活動を実施します

  • 発表日:令和3年11月25日
  • 担当課:都市交通対策課
  • 担当者:濱田・榎・笹田
  • 電話番号:097-537-5690(内線1936)

自動車ドライバーに対する自転車に配慮した運転の心がけの周知啓発を実施することで、自動車と自転車の事故防止やドライバーの運転マナーの向上、安全意識の高揚を図ることを目的として、以下のとおり街頭啓発を実施します。

日時

11月30日(火曜日)午前7時~

実施場所

市道南春日駄原線、市道末広南春日線

実施内容

  • 「思いやり1.5m運動」のロゴのプラカードを使用し、自動車ドライバーへ自転車の追い越し車間を確保するよう呼び掛ける。
  • 自転車利用者へ、車道の左側を通行するよう呼び掛ける。
  • 啓発用品(ティッシュ)の配布を行う。(歩行者、自転車・自動車ドライバー)

参加者

大分市自転車走行空間ネットワーク整備推進協議会の構成団体員、大分県立大分西高等学校の約30名

実施主体

大分市自転車走行空間ネットワーク整備推進協議会

思いやり1.5m運動とは

愛媛県自転車安全利用研究協議会が提唱している、自動車等の利用者に対し、自転車の側方を通過するときは1.5メートル以上の安全な間隔を保つか、道路事情等から安全な間隔を保つことができないときは徐行することを呼び掛ける運動です。

思いやり1.5運動ロゴ愛媛県啓発活動イメージ

 

 

お問い合わせ

都市計画部都市交通対策課 

電話番号:(097)537-5690

ファクス:(097)536-7719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る