ホーム > 環境・まちづくり > 道路・交通 > モビリティ・マネジメント(公共交通の利用促進) > 大分県バスロケーションシステム「バスどこ大分」の運用開始についてお知らせします

更新日:2019年3月16日

ここから本文です。

大分県バスロケーションシステム「バスどこ大分」の運用開始についてお知らせします

新たなバスロケーションシステム「バスどこ大分」と、大分駅府内中央口広場に新たに設置したデジタルサイネージの運用が平成31年3月27日(水曜日)から始まります。バスどこ大分は、スマートフォンやパソコンで簡単に利用できます。

なお、この事業は大分県バス協会バスロケーションシステム検討委員会が主体となり、国・県・市の補助金を活用し、整備されました。

概要

名称

大分県バスロケーションシステム「バスどこ大分」

運用主体

大分県バスロケーションシステム検討委員会(大分交通株式会社、大分バス株式会社、亀の井バス株式会社)

運用開始日

平成31年3月27日(水曜日)

なお、平成31年3月20日(水曜日)から26日(火曜日)までの間、試験運用されます。

対象路線

大分市・別府市・佐伯市の路線バスおよび大分空港リムジンバス ※中津駅行きを除く

アドレス

「バスどこ大分」(https://www.busdoko-oita.jp/)(別ウィンドウで開きます)

「バスどこ大分」QRバーコード

大分県バスロケーションシステム「バスどこ大分」QRコード

バスどこ大分の主な機能

バス接近情報

WEBから検索、あるいはバス停に貼っているQRコードを読み込むと、そのバス停に到着予定のバス運行情報が表示されます。

経路検索

出発地と目的地を指定すると時刻や運賃が表示されます。

多言語機能

日本語・英語・韓国語・中国語(繁体・簡体)の5言語で利用できます。

デジタルサイネージの主な機能

  • バス停に到着予定のバスの運行情報が、日本語と英語で表示されます。
  • 大分駅府内中央口広場の4番のりばと7番のりば付近の2カ所に設置されました。

その他

詳細は、次の資料(大分県バスロケーションシステム検討委員会の発表資料)のとおりです。

大分県バス協会バスロケーションシステム検討委員会発表資料(PDF:1,305KB)(別ウィンドウで開きます)

なお、バスどこ大分やデジタルサイネージにつきましては、次の事業者へお問い合わせください。

  • 大分交通(株)乗合課 097-532-5156
  • 大分バス(株)乗合課 097-525-9882
  • 亀の井バス(株)乗合課 0977-25-1668

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部都市交通対策課 

電話番号:(097)537-5969

ファクス:(097)536-7719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る