ホーム > 環境・まちづくり > 都市計画 > 大分市都市計画マスタープラン > 大分市都市計画マスタープラン 一部改訂 (平成28年7月15日策定)

更新日:2016年7月15日

ここから本文です。

大分市都市計画マスタープラン 一部改訂 (平成28年7月15日策定)

大分市都市計画マスタープランの地区別構想のうち大分地区を見直しました。

本市は、平成23年に「大分市都市計画マスタープラン」の見直しを行い、21世紀の県都にふさわしい都市整備に取り組んでまいりました。

特に中心市街地におきましては、鉄道で分断されていた南北市街地が大分駅周辺総合整備事業により一体化し、これまでに南北駅前広場の完成や、平成25年7月のホルトホール大分の開館、さらには平成27年4月のJRおおいたシティの開業など多くの大型事業が完成し、本市の中心市街地は大きな変貌を遂げています。

また、平成27年から大分城址公園整備・活用や国道197号(舞鶴橋西交差点~中春日交差点)の再整備(リボーン197)などの検討が開始され、中心市街地の都市づくりは次なる段階を迎えております。

このようなことから、新たな時代にふさわしい都市づくりを推進するため、このたび本マスタープランに掲げる9の地区別構想のうち、中心市街地を含む「大分地区地区別構想」の見直しを行いました。

今後は、市民の皆様との協働によるまちづくりを推進し、新しい大分地区地区別構想を含んだ本マスタープランに沿って、県都にふさわしい都市整備を進めるとともに、ゆとりと豊かさが実感できる大分市の実現を目指してまいります。

最後に、今回の見直しにあたり、貴重なご意見を頂きました市民の皆様や関係各位に心から感謝を申し上げますとともに、本計画の推進に向け、今後とも一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

関連情報

お問い合わせ

都市計画部都市計画課 

電話番号:(097)537-5636

ファクス:(097)536-7719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る