ホーム > 環境・まちづくり > 都市計画 > 地区計画 > 憩い・交流拠点施設整備基本計画を策定しました

更新日:2019年8月2日

ここから本文です。

憩い・交流拠点施設整備基本計画を策定しました

本市では、「大分市西部海岸地区魅力創造拠点施設形成基本構想」を平成30年7月に策定し、高崎山、大分マリーンパレス水族館うみたまご、高崎山自然動物公園、田ノ浦ビーチなどの自然観光資源が集積した西部海岸地区において、観光振興の促進や憩い・交流の場の創出などに向けた取り組みを進めています。

そのなかで、田ノ浦地区の沿岸部には、「観光における本市の玄関口としての機能確保による、にぎわい創出と周遊の促進」を目指すものとして、情報発信機能と休憩施設を担い、にぎわいと交流の場を創出する「憩い・交流拠点施設」の整備が位置付けられています。

この基本構想に基づいて、来訪者を誘導し取り込むための新たな、にぎわいの場を創出するとともに、豊かな自然・文化との共存を図り、誰もが魅力を感じる空間としての憩い・交流拠点施設の整備に関する基本計画を策定しました。

ダウンロード

憩い・交流拠点施設整備基本計画(全体)(PDF:9,092KB)

表紙、目次(PDF:485KB)

第1章~第5章(PDF:3,018KB)

第6章~第7章(PDF:472KB)

第8章(PDF:4,499KB)

第9章~第10章(PDF:663KB)

第11章(PDF:4,925KB)

資料 導入施設、導入機能の検討に係る調査(PDF:8,823KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部都市計画課 

電話番号:(097)537-5636

ファクス:(097)536-7719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る