ホーム > くらし・手続き > 住まいに関する情報 > 市営住宅の申し込み > 平成29年台風18号の被災者に対する市営住宅の提供について

更新日:2017年9月29日

ここから本文です。

平成29年台風18号の被災者に対する市営住宅の提供について

大分市では、平成29年台風18号の被災者に対し、下記のとおり市営住宅を無償で提供しています。

  1. 入居対象者
    平成29年台風18号による被災者であり、住宅に困窮している方(大分市外で被災された方も受入れ可)
  2. 提供可能戸数
    22戸(平成29年9月29日現在)
    提供可能住宅一覧(PDF:59KB)
  3. 入居期間
    6カ月(1回の更新可、当初許可期間と更新期間を合わせて最長1年)
  4. 家賃、敷金等
    家賃、敷金免除
    ※電気、ガス、水道料金及び共益費は入居者負担です。
  5. 入居申請に必要なもの
    (1)市営住宅一時使用許可申請書・・・ダウンロード(PDF:78KB)
    (2)誓約書・・・ダウンロード(PDF:78KB)
    (3)罹災証明書
  6. 相談、お問い合わせ窓口
    大分市土木建築部 住宅課管理担当班
    電話番号 097-537-5977
    受付時間 8時30分~午後5時15分(平日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部住宅課 

電話番号:(097)537-5634

ファクス:(097)536-5896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る