更新日:2019年8月19日

ここから本文です。

大分市で就農しませんか

農業は私たちの食生活を支える大事な産業であり、農業者をはじめ意欲ある人たちで維持し、守っていくことが食料の安定生産、環境や景観の保全、ひいては活力ある地域づくりにもつながっていきます。
しかしながら、現状として、農村地域では高齢化や人手不足により農地の荒廃化や農産物生産が減少するなど、深刻な課題を抱えています。

そのため、大分市では、新たな地域農業の担い手として、意欲的に就農を考える人に独自の給付金制度を設け就農サポートを実施しています。
ぜひ、この制度を積極的に活用いただき、大分市で就農しませんか。

ファーマーズカレッジ事業

  1. にらハウスの画像研修段階:研修生給付金
    →大分市が推進する品目(ニラ、イチゴ、ピーマン、パセリ)の農家のもとで研修を行う場合、年間120万円を最長2年間給付します。
  2. 就農初期:新規就農給付金
    →大分市で農業を始め、5年後に農業所得250万円以上確保できる見込みがある場合、年間120万円を最長3年間給付します。
  3. 研修段階および就農初期:居住支援
    →上記のいずれかの給付金の受給中に限り、年間20万円(家賃の3分の1に相当する額)を給付します。

ダウンロード

就農に関わる相談につきましては、お気軽に下記の問合せ先までご連絡ください

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課 

電話番号:(097)537-5628

ファクス:(097)534-6176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る