ホーム > 仕事・産業 > 企業支援・企業誘致 > 企業支援 > 大分市で新たに農業を営む企業をサポートします

更新日:2018年7月2日

ここから本文です。

大分市で新たに農業を営む企業をサポートします

大分市では新たに市内で農業を営む企業を2つの支援策でサポートします

農業者の高齢化や、担い手不足による遊休農地の増加など農業にはさまざまな課題があります。そうした中、大分市では農業の活性化や遊休農地の解消のため『企業』に農業の担い手になっていただくとともに、雇用の拡大についても期待しています。
そこで大分市では、2つの支援策で企業の農業参入をサポートします。

1.生産基盤整備対策(施設整備などに対する補助金)

農業生産を始めるには、施設や機械の整備など初期投資に大きな費用がかかります。
新たに市内で農業を営む企業がビニールハウスなどの施設整備をする費用に対して、予算の範囲内で助成します。(補助率は事業メニューにより異なりますので、詳しくは下記へお問い合わせください。)

  • 栽培施設等の整備、農地の造成、水源工事等に係る費用の一部を補助します。

詳細は下記の「企業の農業参入支援策」をご覧ください。

2.雇用就農促進対策(新たな雇用に対する助成金)

市内に事業所を有し、市内で新たに農業に参入する企業で就農から3年以内に新規正規従業員及び非正規従業員合わせて5名以上を雇用し、農業に従事させる場合に助成金を交付します。助成金の上限は1,000万円で1回限りの支給となります。

  • 新規正規従業員 1名につき100万円
  • 新規非正規従業員 1名につき20万円

※「新規正規従業員」とは、農業の参入に伴い新たに就業する市内に住所を有する常勤の従業員で、雇用期間の限定がなく事業主に正規に雇用された従業員です。

※「新規非正規従業員」とは、農業の参入に伴い新たに就業することとなる、市内に住所を有する短時間労働者の雇用管理の改善に関する法律第2条に規定する短時間労働者で、年間150日以上農業に従事する従業員です。

詳細は下記の「企業の農業参入支援策」をご覧ください。

3.申請について 

詳しくは、大分市農政課担い手育成担当班(電話097-537-5628)にご相談ください。
なお、ご相談の際は下記の「企業等農業参入相談票」(ダウンロードファイル)を記入いただいてからの相談がスムーズです。

※相談窓口 農政課担い手育成担当班(本庁舎8階)

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課 

電話番号:(097)537-5628

ファクス:(097)534-6176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る