ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 配偶者からの暴力を理由に避難している方の大分市プレミアム付商品券に係る手続きについて

更新日:2019年5月20日

ここから本文です。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の大分市プレミアム付商品券に係る手続きについて

消費税の引上げが所得の少ない方・小さな乳幼児のいる子育て世帯の方の消費に与える影響を緩和することを目的として、プレミアム付商品券を本年度10月頃に販売する予定です。この商品券の購入には、市から対象者の方へ交付する購入引換券が必要となります。
配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により、平成31年1月1日以前に大分市に住民票を移すことができていない方は、必要書類を添付のうえ申出書をご提出していただくことで、大分市プレミアム付商品券購入引換券の申請手続きを行うことができます。

対象者

  • 令和元年度の市・県民税(均等割)が非課税かつ課税者から扶養等されていない方(生活保護の受給者等を除く)
  • 学齢が3歳未満の子どもがいる世帯の世帯主

上記の内、次の「1.」を満たし、「2.」~「4.」のいずれかに該当する方

  1. 医療保険上、配偶者と異なる世帯に属することまたは配偶者の被扶養者となっていないこと
  2. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  3. 婦人相談所等から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること
  4. 平成31年1月2日以降に住民票が大分市に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

提出書類

  • プレミアム付商品券等受領に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書
  • 医療保険上、配偶者の被扶養者となっていないことが確認できる保険証の写し
  • 配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類(婦人相談所等が発行する証明もしくは保護命令決定書の謄本または正本。住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置の対象となっている方は、不要)
  • 平成31年1月1日以前に配偶者と生計を別にしていた方は、平成31年1月1日以前に生計を別にしていたことが確認できる書類(保険証の写し等で確認できる場合は、不要)

全国共通の申出期間

令和元年5月27日(月曜日)から6月7日(金曜日)まで

※事前申請期間を過ぎても申出書を提出できます。ただし、申出をいただいた旨の連絡が、住民票がある市区町村に届いた時点で、すでに購入引換券が配偶者等に対して交付されている場合、申出を行った方への交付はできませんのでご注意ください。

申出書提出先

商工労働観光部 商工労政課 プレミアム付商品券事業 担当
〒870-8504 大分市荷揚町2番31号 大分市役所本庁舎9階 商工労政課 分室

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部 商工労政課
プレミアム付商品券事業担当
電話番号(097)537-5724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る