ホーム > 仕事・産業 > 企業支援・企業誘致 > 企業支援 > 災害等が起きた際に事業の継続や早期復旧を可能とするためのBCP(事業継続計画)を策定しましょう

更新日:2018年11月28日

ここから本文です。

災害等が起きた際に事業の継続や早期復旧を可能とするためのBCP(事業継続計画)を策定しましょう

BCP(事業継続計画)とは

BCPとは"Business Countinuity Plan"の頭文字をとった略語で、日本では"事業継続計画"と呼ばれています。

企業が緊急事態(大地震、集中豪雨や洪水等の水害、新型インフルエンザ、テロ等)に遭遇した際に、事業の継続あるいは早期復旧を可能とするための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

なぜBCP(事業継続計画)が必要なのか

地震やテロ等、緊急事態が発生した場合、その被害の甚大さから廃業に追い込まれる恐れがあります。

いかに被害を最小限にとどめ早期復旧を行うか」は大変重要な課題であり、緊急事態は突然発生することからも、常日頃から計画を立てる必要があります。

以下のページではBCPを作成する際に参考となる情報を掲載しています。

ご活用ください。

BCP(事業継続計画)についての参考資料一覧

大分市「職場の防災マニュアル」

本市域内で発生が予想されるさまざまな災害に対する知識と備えをまとめたものです。

大分県「業種別BCP事例集」(別ウィンドウで開きます)

業種別(製造業、建設業、運輸業)のBCPモデル企業で実際に策定されたBCPをもとに作成した事例集を掲載しています。

内閣府「防災情報のページ:知る・計画する」(別ウィンドウで開きます)

事業者向けのガイドライン等が一覧となって紹介されています。

内閣府「企業の事業継続への取り組み事例-地震を経験した企業の事例から-」(別ウィンドウで開きます)

地震を経験した企業の事例から、企業継続への取り組み事例をまとめたものです。

中小企業庁「BCP取り組み状況チェック」(別ウィンドウで開きます)

会社の現在の事業継続能力を診断することができます。

策定に関して中小企業が投入できる時間と労力に応じて、4通りの計画コースが紹介されています。

日本商工会議所「中小企業のためのBCP」(別ウィンドウで開きます)

BCPについての説明動画があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部商工労政課 

電話番号:(097)585-6011

ファクス:(097)533-9077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る