ホーム > 仕事・産業 > 雇用・労働 > 事業主 > 働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について

更新日:2019年3月27日

ここから本文です。

働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について

平成31年4月1日以降、働き方改革関連法による各改正事項が順次施行されるところですが、発注側である大企業等が上限規制を遵守することのしわ寄せとして、受注側である中小企業等に無理な発注を行うことが懸念されることから、厚生労働省および中小企業庁では、短納期発注など長時間労働につながる取引が生じないよう呼びかけています。

詳細は働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について(PDF:81KB)(別ウィンドウで開きます)およびリーフレット(PDF:408KB)(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

関連リンク

厚生労働省ホームページ「『働き方改革』の実現に向けて」(別ウィンドウで開きます)

政府広報オンライン「『働き方改革』発注者の方は要注意!下請け会社へのしわ寄せについて」(別ウィンドウで開きます)

問い合わせ先

大分労働局 雇用環境・均等室

電話:097-532-4025

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部商工労政課 

電話番号:(097)537-5964

ファクス:(097)533-9077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る