ホーム > 仕事・産業 > 事業系ごみ > 廃棄物の減量・適正処理 > 廃棄物処理における新型コロナウイルス対策の実施について

更新日:2020年5月14日

ここから本文です。

廃棄物処理における新型コロナウイルス対策の実施について

感染性廃棄物を排出する事業者、産業廃棄物処理業者のみなさまへ

新型コロナウイルスを始めとする、人が感染するおそれのある病原体が含まれ、若しくは付着している廃棄物又はこれらのおそれのある廃棄物は、「感染性廃棄物」として、環境省が策定している「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」に基づき、適正に取り扱うとともに、排出時、収集運搬時および処分時における感染防止に万全を期すようお願いします。

また、廃棄物処理事業は、市民の生活を維持するために不可欠なサービスの一つであり、新型コロナウイルスが流行した場合などにおいても、安全かつ安定的に廃棄物を適正処理し、その事業を継続することが求められるため、「廃棄物処理における新型インフルエンザ対策ガイドライン」に準拠し、安全かつ安定的に廃棄物の適正処理を行うようお願いします。

【通知(環境省)】

【マニュアル、ガイドライン(環境省)】

【Q&A(環境省)】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部廃棄物対策課 

電話番号:(097)578-7547

ファクス:(097)534-6252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る